FC2ブログ

Studio Mimosa ミモザパン&教室

ミモザパンのある暮らし
2020年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年08月

ノア・レザン

P_studiomimosaノアレザンシンペル

私の好きな”ノア・レザン”

ミックスレーズンがあったから
久々にノア・レザンを焼きました。

ノア・レザンといったらやっぱり
この形が一番好き!蝶々のよう。
パンの後ろにある角型のシンペルで
じっくり発酵させ
3本ずつクープを入れるのが定番に。

P_studiomimosaノアレザンカット

カットすると
ミックスレーズンとくるみがたっぷり。

こんがり香ばしい外側と、ふんわり食感の
パン生地が口の中で溶け合う。
そして、フィリングの空焼きしたくるみと
レーズンの相性も抜群!

約8年前、カフェでミモザパンを販売
していた時も人気のパンでした!
こちらをどうぞ↓↓

天然酵母のノア・レザン
特大コッペ型のノア・レザン
カフェのノア・レザン

(大きさや形が変わると味わいも微妙に変化する。
それがパンづくりの面白いところ!)

四つ葉の芽

G_studiomimosa四つ葉の芽

四つ葉の冬眠から約半年。
今年も小さな芽が顔を出しました。

四つ葉の球根を植えたのは約15年前。
こんなに長い間、根付いてくれるとは
思いもしなかった。

四つ葉が冬眠の間、コロナ問題や
私自身も思いもよらぬことがあっただけに
ちっちゃな芽を見つけた時は
とても嬉しかった。

新緑の季節になるとちゃんと芽を出し
秋まで四つ葉をさかせてくれる。
自然の摂理どおり生きる植物たち。
その生命力は偉大です。

P5140445.jpg

一つ二つと芽を出し始めたのは5月上旬。
数日見ない間に10㎝以上は伸びている。
高齢だから葉数は随分減ったけれど
まだまだ驚くほど元気な四つ葉たち。

G_studiomimosaヨツバ2020

グングン伸びた四つ葉の根本では
今でも新たな芽が成長しています。

今年も四つ葉に出会えてよかった。
ハッピーリーフに励まされ
今年後半もがんばれそう。

そら豆チーズパン

P_studiomimosaソラマメメチーズ

そら豆をつかったミモザパン。

そら豆コッペパンに次いで2つ目は
そら豆チーズパン!

これは私のミモザパン定番の一つ、
チーズパンにそら豆を入れたパン。

ベンチタイムが終わった丸めた生地を
指先でチョンチョンと軽くガス抜きをし、
プロセスチーズを点在させて楕円に成型。

仕上発酵が終わったら
深めに切り込みを入れ、
開いたところにそら豆と押し込む。
仕上にピザ用チーズを散らして焼成。

チーズはいろいろな食材と仲がいいから
同じチーズパンを季節によって
アレンジしやすいのがいいところ。

こちらは採れたての”新鮮なそら豆”
U_studiomimosaソラマメ

そら豆コッペパン

P_studiomimosaソラマメチーズコッペ

いただき物のそら豆!

旬のものが手に入ると
”パンに活かしたい”
ついそう思ってしまう。

私がつくるミモザパンは
季節を味わう心と体にやさしいものに
したいから。

お豆とチーズは相性抜群!
冷蔵庫を開けると
小さな干しエビが目に入る。
これも入れてみよう。

成型はコッペパン風に細長く。
伸ばした生地にプロセスチーズと
干しエビをばらまき
両端から巻き込む。

仕上発酵後、中央にそら豆を
置き、ピザ用チーズをのせて焼成。

香ばしく焼き上がったチーズのいい香り。
口に入れるとふんわり生地と
そら豆の食感が混ざり合う。

食べごたえのある
そら豆コッペパン!となりました。

そら豆

U_studiomimosaソラマメ

先日、今が旬の”そら豆”をいただきました。

グリーンピース、スナップエンドウ、
そして、そら豆!
春から初夏にかけ旬のお豆たち。
グリーンでコロッと丸い形が可愛らしい。

そら豆のさやを開くと
ワタのようなふかふかのベットに
居心地よさそうにそら豆が収まっている。
なんだか赤ちゃんのよう。

さやと薄皮に守られて育ったそら豆だから
薄皮を剥かずに茹でてみる。
薄皮のまま食べてもおいしい。

小さな種かた育った命をいただく。

季節を味わうミモザパン!
早速パンのフィリングとしてみよう。