Studio Mimosa ミモザパン&教室

ミモザパンのある暮らし
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月

かめパン

P_studiomimosaかめさん

夏休みは親子でパンづくり!

7月はミモザキッズレッスンを開催しました。
親子でご一緒に、または
お子様だけで参加することも可能です。

ミモザキッズの親子レッスンでは
動物パンと一緒に大型パンもつくります。

以前紹介した”お魚パン”は
カスタードクリームがたっぷり。

「甘いパンより食事パンがいい」という
リクエストもあったので
親子でつくるパンに”かめパン”を追加
することにしました。

ミートボールを入れてかめの甲羅らしく。
ゆっくりと動き出しそうなかめさん。
皆でちぎっていただきます。

鰻のチカラ

U_studiomimosaうなぎ

今年は土用の丑の日が2回!!

いずれも待てず
7月中旬、鰻丼を作りました。
心身ともに疲れてしまい
食べ物に頼りたくなったから。

うなき~!と奮発したものの
白いご飯を埋め尽くせなかったところは
錦糸卵で補いボリュームアップ。
庭の山椒をのせて完成。

旬の枝豆は
茹で上げたアツアツの時に塩をふる。
今でしか味わえない食感がいい。
タンパク質豊富だから体にもいい。

栄養と睡眠をしっかりとって
暑い夏を乗り切ろう!

黒板、時計とマグネット

M_studiomimosa黒板マグネット

夏休みがスタートしました!
こちらは娘が工作教室で作った作品。

黒板に付いていたのは時計の針のみ。
時間はそれぞれ自由に付け加える。

娘は一部をマグネットで
それ以外をチョークで描いたのだとか。
温もりのある時計となった。

そして、家や旗、花や犬などのマグネットは
飾りにもなるし紙も付けることができる。
黒板に付けた屋根の模様もかわいい。

私以上に工作好きの娘。
創りだすと色々なアイデアが
浮かんでくるというのもよくわかる。

1日の予定を記入していたけれど、
この日はミモザキッズレッスンの日。
ミモザの花も描き添えて
教室の案内に書き換えてくれる。

動物パンに恐竜やエントウムシなど
それぞれ作りたいパンも加わって
個性豊かなパンが焼き上がりました。

キャンプ・ケーキ

U_studiomomsa八ヶ岳キャンプBDケーキ

八ヶ岳キャンプ2日目。

娘の友人が誕生日を迎え、
皆でサプライズプレゼント!!
12本のロウソクが並びました。

自分のことは自分でできる。
夜、焚火を囲んでお菓子を食べながら
おしゃべりする姿は
まるで宴会をしているかのよう。

乳幼児の頃から知っているだけに
”心身ともに大きくなったな~”
と感慨深くなる。

P_studiomimosa八ヶ岳キャンプケーキ

いつもキャンプで焼くケーキは
バター不使用のバナナケーキ!

菜種油、砂糖、卵、バナナ、粉類と
順番に混ぜてダッチーオーブンに流し入れる。
今回はビックサイズで
このケーキの中には大きなバナナがなんと3本!
おめでとうの気持ちもたっぷり入っている。

P_studiomimosa八ヶ岳キャンプケーキダッチ

いつも底が焦げてしまうので
底上げをしてみたら
上からの火力が強かった。
でも「このおこげがおいしい」と
優しい友人や子どもたち。

同じレシピのバナナケーキでも
毎回表情の違うケーキが焼き上がるのが
キャンプケーキだ。

次は蓋に置く炭火はこの半分でいこう。
炭火担当の夫も
火加減のコツをつかんできたらしい。

そして、ぷ~んとバナナ風味の香ばしさが
漂ってきたら、そろそろ火力を弱めるサイン!
これも今回学んだこと。

この日は晴れたり突然雨が降る
変な天気でしたが
いいタイミングて焼くことができる。

12歳おめでとう!!
お祝いもあり嬉しいキャンプとなりました。

キャンプ・パスタ

U_studiomomsa八ヶ岳キャンプランチ

八ヶ岳キャンプ2日目の昼食。

昼食は簡単にレトルト食品や
外食で済ませてしまうことも。

今回はバジルとトマトのパスタ。

といってもソースは市販の物で
バジルソースにはズッキーニを
トマトソースにはオリーブを加える。
このひと手間で美味しさをアップできる。

パスタの麺は半分に折り
水につけておくとゆで時間が半分以下に。
自宅でも時間がない時に役立つ。

キャンプではジッパー付きの袋に
麺と水を入れ、しばらくおいたら
水ごと鍋に入れて茹でてしまう。

キャンプを重ねるうちに
水の節約や簡単にできる方法など
ちょっとした知恵も生まれてきた。

毎回新たな発見があるのも楽しい。

U_studiomomsa八ヶ岳キャンプ朝食

こちらは2日目の朝食。
1つの鍋で3人分の料理をしてしまう。

帰宅する日はパンだけ。
または夕食の残りということも。

いずれにしても緑を眺めながら
ゆっくり朝食できるだけで十分だ。
日頃できないことだから。