FC2ブログ

Studio Mimosa ミモザパン&教室

ミモザパンのある暮らし
2020年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2021年02月

お餅いろいろ

U_studiomimosa正月お餅

はるか昔「結婚は異文化交流だよ!」
と言われたことがあった。

確かに地域も文化も家族も違うところで
育った人と一緒に生活するのだから
日常の中で違いを感じることが出てくる。

その一つが食。
新年最初のおせちもその一つ。
お餅の食べ方が話題となったことがあった。

和菓子屋だった実家は大晦日まで
お供え餅、のしもちなどの注文が多くて大忙し。
仕事の合間におせちの昆布巻きやなます
羊羹などをつくっていた。

紅白のお供え餅は手で丸くまるめ、
のしもちは長方形に伸ばして木の枠に入れ
形を整える。機会でもち米をつく音や
もち米の香りが働く姿とともに思い出される。

家族の分も沢山つくるから
元旦からしばらく餅を食べることになる。
餅の食べ方もいろいろ。
お雑煮や定番の海苔餅。
焼いた餅を湯に付けてきな粉に付けたきな粉餅。
焼いた餅を油で炒めて甘醤油とからめた醤油餅。
大根おろしにつけた大根餅。お汁粉など。

そして、鏡開きが過ぎるとお供え餅も乾燥し、
硬くなったのしもちも細かく砕いて揚げ餅をつくる。
よく祖父がつくってくれたもの。

今年はそんな実家のお餅を思いだしながら、
4種類のおもちを作った。
甘醤油もち、大根と納豆もち、あずきもち
うぐいすきな粉もち。
夫は餅にあんこを挟んで食べていたそうだ。
これは義父の実家の食べ方だとか。

父が入院し介護が必要になってからは
あのもっちりとひきのある餅を
食べられなくなって久しい。

実家のお餅が一番おいしかった。
当たり前に食べていたお餅。
それがどんなに有難いことだったか。
感謝とともに懐かしく思いだしながら
いただきました。

※近年のお正月料理たち↓
おせち・お煮しめ2020
おせち・お煮しめ2019
おせちプレート
お雑煮

あけましておめでとうございます。

N_studiomimosa2021丑年

あけましておめでとうございます!

今年は丑年。そして、
娘がいよいよ受験ということで
”破魔矢”をくわえた丑が
チャンスを射止めてくれるという
こちらの干支・丑を飾りました。

また、”破魔矢”がなかなか収束しない
コロナ感染という厄災を破ってほしい
そんな願いも込めて。

丑には大願成就の意味もあり
縁起の良い動物だとか。

コロナが収束していつもの日常が
1日でも早く取り戻せますように。
そして、
皆さまの願いが叶う1年となりますように。

笑顔ちゃん

M_studiomimosaエガオ

今年の漢字は”密”!

コロナ禍で3密を避け
今まで当たり前だったことができなくなり、
新たな生活様式を求められる日々となりました。

緊急事態宣言で外出自粛となり
家の中の断捨離をしたとき
捨てられなかったものの一つがこちら。

娘が小学校のころ図工で使った
紙粘土の余りで作ったものらしい。
直径2㎝ほどのちっちゃな人形。

この笑顔に魅かれ、いつも見られるように
食器棚の一角に置くことに。
扉を開けると愛嬌のある笑顔の表情が
ほっこり優しい気持ちにさせてくれる。

気持ちに余裕がないとき
イライラしたとき、
この子を見るとそんな時こそ
笑顔に切り替えたいと思いつつ・・・。

笑顔の習字も娘が書いたもの。

今年は新たな仕事も始まり
笑えなくなるほど大変な時期もあった。
家族に支えられた1年でした。

笑顔ちゃんは
これからも食器棚に置きましょう。
来年は笑顔あふれる年となりますように!

クリスマスチキン2020

U_studiomimosaクリスマスロールチキン2

今日は久々に家族そろっての夕食。
そして、クリスマスイヴ!

メニューは買い物をしながら考える。
今年はタンパクが豊富な鶏の胸肉の出番が
多かったけれど、今日は鶏のモモ肉にしよう。

焼くだけではつまらないから
野菜巻きはどうだろう。今日は特別だから
マッシュポテトも入れてボリュームアップ!

野菜はいつものブロッコリーの代わりに
クリスマスツリーを思わせるロマネスコ!
そして、玉ねぎの代わりにペコロスを選ぶ。
この野菜たちが脇役ながらもクリスマスを
演出してくれる。

U_studiomimosaクリスマスロールチキン1

モモ肉を観音開きにする。
自家製塩麹に漬ける時間がないから
を全体にまぶす程度。
じゃがいもは茹でて粉吹き芋にし、
アツアツのうちに
塩、粉チーズ、マヨネーズで味をつける。

塩麹をぬぐって水分をとり
ポテトと他の野菜を置いて巻き込んだら
タコ糸でぐるぐる巻きに。
フライパンで焼き色を付けたらオーブンで
じっくり焼き上げる。
ペコロスも油を塗って一緒にオーブンへ。

焼き上がったらたれを入れたフライパンに
戻して煮からめて完成!

娘は受験生、私たちも仕事が忙しく
家族でゆっくり食卓を囲めた
貴重なひと時でした。

冬至パン2020

P_studiomimosa冬至パン2020

待ちわびた冬至。

日に日に夕暮れが早くなり
何だか寂しい気持ちになるけれど、
これから徐々に日が長くなる
そう思うと嬉しくなる。

P_studiomimosa冬至パンカット2020

冬至と言ったらゆずとかぼちゃ。

毎年作る冬至パンは
かぼちゃをたっぷり入れて
栄養満点、ビタミンカラーで寒い冬を
乗り切れるよう心を込めて作る。

頂いたたくさんのゆずでつくった
ゆずのはちみつ漬けがあったので
そのゆずもかぼちゃの風味を損なわない
程度に混ぜ込むことにした。

かぼちゃ入りの生地の中に
ところどころで現れるゆず。
口の中にゆずの風味が広がる。

シンペル(籠)でじっくり発酵させて
焼き上げたかぼちゃとゆずのカンパーニュ!

表皮の部分が香ばしく
中はしっとりかぼちゃとゆずを味わえる。

今年はドン!と大きな冬至パンとなった。

↓毎年つくる冬至パンの中から~
冬至パン(冬至フェスタ)
冬至パン(カフェ)
冬至パン2018
冬至パン・ゆずママレード
冬至パン・かぼちゃ