Studio Mimosa ミモザパン&教室

ミモザパンのある暮らし
2017年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年01月

クリスマスショコラ

P_studiomimosaクリスマスブレッド2017

今年はいつになく時の経過が早かった。

早朝は身の引き締まる寒さですが
イルミネーションが綺麗な季節。
そして、クリスマスシーズンです。

12月はそんな季節に合うパンを紹介します。

こちらは、ショコラブレッド。
デニッシュ生地にチョコシートを折り込んで
パウンド型に入れて焼き上げました。

ナッツ、チョコやアザラン、粉糖などで
おめかしして
クリスマスショコラとなりました。

カットして1切れが2つ、3つと
やめられない美味しさ!!
それもそのはず、バターもたっぷり、
チョコもたっぷりな生地なのだから。

バターや卵がたっぷり入ったリッチな生地
デニッシュ!
その美味しさをたっぷり味わえます。

キャンプ・かぼちゃパン

P_studiomimosaキャンプちぎりパン2

晩秋キャンプでかぼちゃちぎりパン!

秋空のもとパン作り。
といっても今回は生地づくりは自宅で済ませ
他の食材とともにクーラーボックスへ入れ
低温発酵させて里山へ。

P_studiomimosaキャンプかぼちゃチギリ0

キャンプ場では頃合いをみて
分割、少し休ませ丸めてダッチオーブンの中へ。
こうして並べたのがこちら↑。

丸めた生地はまるでおまんじゅうのよう。
かぼちゃの種をのせるのは子ども達に
お手伝いしてもらいました。

P_studiomimosaかぼちゃちぎりキャンプ

アウトドアでのパン作りも随分慣れ、
炭火の火加減もうまく調整できるように。

どうしてもパンの底が焦げてしまいがち
ですが、それよりも炭火ならではの
美味しさが何とも言えません。

キャンプ・かぼちゃグラタン

U_studiomimosaキャンプかぼちゃ

丸ごとかぼちゃグラタン!
飽きもせず、アウトドアでもつくりました。

11月中旬の晩秋キャンプは
日中でも陽が雲に隠れると
体がシンシンと冷えてきます。

そんな時はやっぱり焚火の出番。
そして焚火といったらダッチオーブン。

U_studiomimosaキャンプかぼちゃカット

電気やガスオーブンとはやっぱり違う。
かぼちゃの表面がこんがりいい焼き色に。
かぼちゃには炭火ならではの風味もありました。

煮込み料理では湯気や時間が目安に
なるけれど、今回はちょっと難しかった。
お湯を少々はった方がよかったか、
ダッチオーブンの蓋の上の炭火が少なかったか
グラタンにもう少し火を通せたらよかった。

料理は科学というけれど、
あれこれ試して美味しいものをつくる
そして美味しいの笑顔も。
そんな楽しさがあります。

秋のご飯

U_studiomomsa秋鮭炊き込み

紅葉の季節。
甲州街道は銀杏が綺麗に色づいています。

夕食に秋鮭を焼いたので
ふと思いついて土鍋で炊き込みごはんに。

具材は有り合わせのもので。
しめじと人参。
そして、今年作られた梅干しも。

この酸っぱさが味のアクセントに。
梅好きな私はお弁当にも必ず
梅干しを一つ詰め込みます。

里芋やレンコンもあったらよかったけれど
人参を紅葉の型で抜いたら
すっかり秋らしくなりました。

U_studiomimosaむかご飯

そして、もう1品。
こちらはシンプルにむかごごはん。
醤油、みりん、昆布だしで
炊き込みました。
こんがり香ばしい”おこげ”は
土鍋で炊く醍醐味のひとつです。

お芋と栗パン

P_studiomimosa芋栗パン

「芋栗あん」をたっぷり包んだ
2つのパン!

お芋パンと栗ぱん。
どちらも本来の形をイメージしています。

いつもは小倉あんを包む栗パンですが、
今年は新たな”あん”でリニューアル。

さつまいもパンは
カフェでミモザパンを販売(週1回)していた時に
楽しみにしてくださる方がいらっしゃり、
お子さまにも人気のパンでした。
秋限定のパン。

生地にもさつまいもを練り込むと
しっとりと仕上がります。

素朴なあんが美味しさの秘訣かもしれません。