Studio Mimosa ミモザパン&教室

ミモザパンのある暮らし
2018年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年07月

こんにゃくブリオッシュ

P_studiomimosaこんにゃくロール

蒟蒻をつかったパンでもう1品。

一目見てブリオッシュと分かるのが
後ろの2つ、ブリオッシュ・ア・テット。
丸い生地がちょこんとのっている姿が
可愛らしい。

ブリオッシュといったら
バターがたっぷりというイメージがありますが
こちらは仕込水にこんにゃくと卵、
そして、ノンオイルというのが面白い。

和風でヘルシーこんにゃくブリオッシュ!
他ではなかなか味わえない。

ブリオッシュ型に入れて焼くと
丸めただけの生地が
きのこのような味のある形に変身。
私の好きな型の一つ。

こんにゃくブレッドとこんにゃくブリオッシュ。
どちらもヘルシー、
体にやさしいパンたちです。

こんにゃくブレッド

P_studiomimosaこんにゃくブレッドb

こんにゃくとパン!?
ちょっと驚きの組み合わせですが
こちらは蒟蒻をつかったこんにゃくブレッド。

蒟蒻といえば
低カロリーで食物繊維が豊富。
さらに、肌の保水性分であるセラミドもたっぷり。

普段は煮物、おでんや蒟蒻田楽でいただきますが
今回は、ペースト状にした蒟蒻を仕込水として
使いました。

生芋こんにゃくは硬くなりやすく
蒟蒻の種類によって仕込水の増減はありますが、
油脂を使用せず蒟蒻意外は強力粉、砂糖、塩と
スキムミルクのみ。

だから蒟蒻の存在感たっぷり。
蒟蒻をいつもと違った食感で
味わうことができる。
ヘルシーで腸にも肌にもうれしいパンです。

P_studiomimosaこんにゃくブレッドa

オニオンチーズブレッド

P_studiomimosaオニオンブレッド

オニオンとチーズは黄金コンビ!

この2つが入ったパンは誰からも
好かれるパンではないでしょうか?

玉ねぎとハムも一緒に巻き込んで
仕上げにのせたチーズはたっぷりと。
今回はポプラの型に入れて焼き上げました。

P_studiomimosaオニオンブレッド2

型の材質によってパン生地の食感や味わいが
微妙に変わる気がします。

これは何で焼くかも同じこと。
電気かガスか、
はたまたで炭火で焼くかでも風味が微妙に違う。

料理は科学というけれど
そんな違いを感じたオニオンチーズブレッドでした。

炭火で焼いたパンは一味違う。
炭火とダッチオーブンで焼いたパンはこちらをどうぞ↓

ダッチフラワー
オニオンチーズ
バナナケーキ
かぼちゃパン
ピザ


腹ペコあおむし

G_studiomimosaハラペコアオムシ

若葉の緑が眩い、新緑の季節。
生命の息吹を感じます。

我が家のグレープフルーツの木も
枝葉がグンと伸び、若葉も育ってきたと思いきや
いつの間にか枝だけに。

その犯人をついに目撃!!
なんとこちらのアオムシ。
全身の筋肉を動かしながら
おいしそうに食べている。

”月曜日、月曜日、りんごをひ~とつ食べました~
それでも、やっぱりお腹はペエッコペコ~♪”
と腹ペコアオムシの歌が頭をよぎる。
これがあのアゲハチョウになるならば
よしとしよう!と見逃すととにしました。

G_studiomimosaグレープフルーツ新芽

若葉の季節、実は秋にもみられます!

グレープフルーツの葉は
この時期は残念ながら毎年枝だけに
なってしまいますが、
秋には腹ペコアオムシの被害にも合わず
若葉を茂らせてくれます。

こちらは昨年の秋の様子。
葉の色など新緑の季節にはかないませんが
自然の力には元気をもらえます。

娘のクロムムッシュ?

M_studiomimosa朝食ワンプレート

新緑の風薫る季節。
私の一番好きな季節となりました。

今年のGWは私がいろいろと立て込んでいて
出かけることができなかったので
家で何か楽しもうとアウトドアで食事をすることに。

こちらは娘がつくった朝食ワンプレート。

最近娘がはまっている食パンアレンジのひとつ。

スライスチーズをのせて、
フライパンで軽く焼いた卵をのせたもの。
卵のとろ~り半熟加減がちょうどいい。
卵の熱でチーズがとろける。
クロムムッシュ風な食パンです。