Studio Mimosa ミモザパン&教室

ミモザパンのある暮らしを紹介しています。
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ○ Myガーデン
CATEGORY ≫ ○ Myガーデン
       次ページ ≫

クリスマスローズ

G_studiomimosaクリスマスローズ2017

2012年の冬に我が家に仲間入りした
クリスマスローズ。
毎年1から2月にかけて開花します。

今年も小さいながらも
1輪の花を咲かせてくれました。

夏から秋は葉が減り元気がなく
庭の隅に置かれていた鉢。
水遣りも気が向いたときだけだった。

4年前は花も葉も大きく花数も多かったけれど
今年はそろそろ寿命かもしれない。
そんな気持ちもあったから。

それなのに春を告げてくれるかのように
さいてくれたクリスマスローズに
元気を与えてもらいました。

太陽とともに開閉する花もあるますが
クリスマスローズは開花したら開いたままで
時間とともに花びらの淵が
白からピンクへ変色してきます。

元気をもらったお礼に
たっぷりの肥料を与えよう。

わが家の紅葉

G_studiomimosa紅葉とランタナ

日野市は甲州街道の銀杏が綺麗。
少しずつ散り始め黄葉の絨毯が
できはじめた頃の景色が好きです。

こちらはわが家の小さな紅葉。
プランターで育っているブルーベリー。
小さな木だけれど紅一点。
今しか見ることができない景色です。

G_studiomimosa秋ランタナ28

もう一つはこちらのランタナ。
秋になると花の色が変化します。
ピンクから黄色やオレンジへ
徐々に深みをおびてくる今が最盛期。

ランタナの根本には
ピンクのヒメツルソバが一面を覆い
本格的な寒さに入る前のこの時期が
一年で一番彩り鮮や賑わいがあります。

雪と秋バラ

G_studiomimosa秋バラと雪

紅葉と雪!
こんな景色はなかなか見られない。
11月に雪とは驚きです。
54年ぶりだとか。

わが家のミニ花壇に咲いていた
秋のバラ・カフェラテも
初めての体験となりました。

翌朝には水滴も凍り、
バラに触れたらバリバリと崩れそう。

でも植物は強い。
その後バラは徐々に開花しています。

秋バラと雪風情のある光景でした。

花壇の冬支度

G_studiomimosa冬支度2016

立冬前にミニ花壇の冬支度をしました。

新緑の季節に植えた夏の花
マリーゴールドとブルーサルビアが
最後の力を振り絞って咲いている。
それを根ごと取り払うのは
毎年ためらいます。

冬から春の花々が本格的な寒さの前に
根を張らせるためにそこは心を鬼にして。
最後の夏の花は切り花にして花瓶にさしました。

夏にグングン伸びたシロタエギクは
ビオラたちの背景としてそのままに。

来年の春にはビオラの株が倍以上の
大きさになって沢山の花を咲かせることでしょう。

G_studiomimosa庭道具

こちらは私の庭道具。
スコップ、ジョウロは10年以上の年季もの。

土壌がいいと植物が元気に育ちます。
古い土をふるい養分も混ぜて
ふかふかの土へ。
このひと手間が
綺麗な花をさかせる気がします。

実りの秋

G_studiomimosaアサガオ種

我が家の小さな庭も
実りの秋を迎えています。

先月紹介した朝顔もこんなに様変わり。

一つのこぼれ種から育った朝顔が
こんなにも沢山の実をつけました。

娘はついつい種をとりたくなるようで
手のひらいっぱいの種を見せてくれました。
一粒ひとつぶがふっくら、しっかりしている。

M_studiomimosa種つみ

根元には自然に飛び散った種たちも。
来年はこの中からいくつ芽を出すだろう。
朝顔の意のままに。
思わぬ所から芽をだすのが面白い。