FC2ブログ

Studio Mimosa ミモザパン&教室

ミモザパンのある暮らし
2018年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年11月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ○ Myガーデン
CATEGORY ≫ ○ Myガーデン
       次ページ ≫

種の季節

G_studiomimosaクリスマローズ種

季節は初夏へと向かっていますが、
新緑の季節に、嬉しかったこと。

わが家のクリスマスローズに種が
実りました。

冬から早春に花を咲かせるクリスマスローズ。
それ以外は葉だけのこの鉢は
庭の隅に置き去りにされている。

にもかかわらず
その時がくるとちゃんと花を咲かせてくれます。
寒く花の少ない季節に咲くこの花は
気持ちを明るくさせてくれます。

こちらは早春に咲いたクリスマスローズ。

G_studiomimosaクリスマローズ2018

外側の白い花びらに見えるのはガクで
その中央にあるのが花という面白い構造。

だから花が咲き終わっても
白いガクが花のかわりとなり
しばらくの間楽しませてくれます。

いつもは頃合いをみてカットしてするのを
今年は時間に余裕がなくそのままに。
それがよかった。
ガクが黄緑色へと移り変わり
花の部分に黒い種が実っていました。

新緑の季節は
春に咲いたビオラやパンジーなども
種を実らせます。

上手くいくとこぼれ種から芽を出すことも。
命が引き継がれていくようで嬉しくなる。
自然の力に元気をもらった出来事でした。

腹ペコあおむし

G_studiomimosaハラペコアオムシ

若葉の緑が眩い、新緑の季節。
生命の息吹を感じます。

我が家のグレープフルーツの木も
枝葉がグンと伸び、若葉も育ってきたと思いきや
いつの間にか枝だけに。

その犯人をついに目撃!!
なんとこちらのアオムシ。
全身の筋肉を動かしながら
おいしそうに食べている。

”月曜日、月曜日、りんごをひ~とつ食べました~
それでも、やっぱりお腹はペエッコペコ~♪”
と腹ペコアオムシの歌が頭をよぎる。
これがあのアゲハチョウになるならば
よしとしよう!と見逃すととにしました。

G_studiomimosaグレープフルーツ新芽

若葉の季節、実は秋にもみられます!

グレープフルーツの葉は
この時期は残念ながら毎年枝だけに
なってしまいますが、
秋には腹ペコアオムシの被害にも合わず
若葉を茂らせてくれます。

こちらは昨年の秋の様子。
葉の色など新緑の季節にはかないませんが
自然の力には元気をもらえます。

うちのアオジソ

G_studiomimosaアオジソ花2017

9月下旬、
こぼれ種から育ったアオジソに
白い花を上の方まで咲かせているのに
気付きました。

毎年思わぬ所から芽を出すアオジソ。
今年はランタナの間から
すくすく育ちました。

シソの花を天ぷらにしても美味しいけれど
このまま種を実らせることに。

少し触れただけで
食欲をそそる香りが漂うアオジソ。

G_studiomimosaアオジソ

ほとんど観賞用になっているアオジソも
この夏は冷奴の薬味として活躍しました。

虫に食べられているのもご愛嬌。
土のせいか品種のせいなのか
苦味が強いうちのアオジソ。

こぼれた種から来年も芽が出たら
もっと活用してみたい。

実りの秋

G_studiomimosaキバナコスモス種

ほんの小さな庭が
一番の賑わいを見せてくれるのが秋。
霜が降りるまでのこの季節です。

G_studiomimosaランタナ秋2017

こぼれ種から育った花々が
沢山の花を咲かせ、それぞれの種を
実らせています。

キバナコスモスはツンツン尖った種。
秋になり色濃くなったランタナはまん丸の黒い種。

どちらも花から種へと移ろう姿がとてもキレイ。
まさに自然のアート!

そして、この2つの花には蝶もよく舞い降ります。
蜜を吸うのに夢中で私が近くにいてもご覧の通り。

夏は淡いピンクだったランタナの花は
晩秋になるにつれオレンジや赤へ。
まるで花が紅葉しているかのよう。

G_studiomimosaヒメツルソバ

こちらはピンクの花が可愛らしいヒメツルソバ。
10年以上前、実家から一握り持ち帰り
軒先に放置していたら
いつの間にか繁殖してグランドカバーに。

秋に花を咲かせ、霜が降りる季節まで
ピンクの絨毯となってくれます。

三者三様好きな場所に芽を出し
元気に育っている花たち。

今年は秋雨がながかったので
この日は貴重な晴れの1日でした。

庭の手入れをするのは、
ほんの隙間時間となりますが、
植物の成長に発見があったり
手でふれることで
体や心の癒しにもなっています。
私のささやかな楽しみの一つです。

奇跡のローズマリー

G_studiomimosaローズマリー花

10月上旬、
小さなハーブコーナーに奇跡が起きました。

こちらのローズマリーは15年前、
栃木の実家から小鉢に一株もらってきたもの。
軒下に置いたところ
小鉢の底から地面に根を張り
幹を太らせ大木に。
枝も増え横幅は1m以上に育ちました。

しかし、1つの幹では生い茂った枝を
支え切れなかった。
台風で倒れてしまい、枝を剪定して
このハーブコーナーに植え替えたのでした。

G_studiomimosaローズマリー秋

その後、葉には斑点ができ、
何年も元気がなかったローズマリー。

でもその力強い香りだけは維持していました。
さすが若返りのハーブ、生命力を備えていた。

夏以降、空にむかってグングン伸びた。
その長さは30センチ以上。
そこに開花した花はいつになく大輪でした。
これから咲くつぼみもたくさんある。
見つけた時は本当にうれしかった。

G_studiomimosa朝顔とハーブ

そういえば、夏にはこのローズマリーに
こぼれ種から育った朝顔がツルをからませ
花を咲かせたこともあった。
ローズマリーに花が咲く予兆だったのかも。

栃木の父も快復していきますように。
ローズマリーの奇跡の花に願いを込めて。