FC2ブログ

Studio Mimosa ミモザパン&教室

ミモザパンのある暮らし
2020年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ○ Myガーデン
CATEGORY ≫ ○ Myガーデン
       次ページ ≫

苺のへその緒

G_studiomimosaイチゴシュート

5月に甘く真赤な果実をみのらせた
”わが家の苺”

全ての苺を収穫すると
長い梅雨の間に葉の間から
地面を這うほどシュートが伸びてきた。

シュートの途中に新たな葉が出て
葉の下には小さな根も出てくる。

根付く環境があれば新たな命が
受け継がれる。
このシュートの親株である今年の苺も
こうして増えた苺たち。

ちょうど空いた鉢があったので
土の上に葉を置き、軽く土に押し込んだ。

親株から子株へ栄養を与えるシュートは
まるで人間のへその緒のよう。

しっかり根付いてからシュートをカットしよう。

5つの子株たち。
来年はきっと沢山の苺を実らせてくれるだろう。

四つ葉の花・2020

G_studiomimosaヨツバフラワー

今年は梅雨が長く雨の多い7月でした。

わが家に来てから約15年になる
四つ葉・ハッピーリーフ!

五月晴れの新緑の季節に
芽を出した四つ葉が数を増やし、
今年もピンクの花が咲きました。

毎年同じ時期に芽を出し、葉を増やし
梅雨の時期に花を咲かせる。

コロナ禍で社会情勢が変わろうと
自然の摂理は変わらない。

当たり前のことを毎日、毎年
繰り返してできることの幸せを
四つ葉が教えてくれているかのよう。

植物にふと気づかされること
元気をもらうことがある。
ハッピーリーフ、ありがとう!

四つ葉の芽

G_studiomimosa四つ葉の芽

四つ葉の冬眠から約半年。
今年も小さな芽が顔を出しました。

四つ葉の球根を植えたのは約15年前。
こんなに長い間、根付いてくれるとは
思いもしなかった。

四つ葉が冬眠の間、コロナ問題や
私自身も思いもよらぬことがあっただけに
ちっちゃな芽を見つけた時は
とても嬉しかった。

新緑の季節になるとちゃんと芽を出し
秋まで四つ葉をさかせてくれる。
自然の摂理どおり生きる植物たち。
その生命力は偉大です。

P5140445.jpg

一つ二つと芽を出し始めたのは5月上旬。
数日見ない間に10㎝以上は伸びている。
高齢だから葉数は随分減ったけれど
まだまだ驚くほど元気な四つ葉たち。

G_studiomimosaヨツバ2020

グングン伸びた四つ葉の根本では
今でも新たな芽が成長しています。

今年も四つ葉に出会えてよかった。
ハッピーリーフに励まされ
今年後半もがんばれそう。

今年のいちご

G_studiomimosaイチゴs2020

今年もうちの苺が実りました。
”6年前に植えた苺”の子どもたち。

苺を実らせると
株の根本からシュート(茎)が伸び
地面に着いたところから根が出て
株が増える。

こうして増えた子株がこちらの苺。

昨年、他の鉢で育った子株の一つを
親株がいた鉢に植え替えました。

G_studiomimosaいちご収穫

近づくと苺の濃厚な甘い香り!
この甘さは他では味わえないほど。

一番最初に咲く花が一番大きい。
だから最初に実った苺も
一番大きく一番甘い。

いくつか鳥の口の中へ入りましたが
今年は12個の苺を収穫しました。

これから命のバトンが渡される!
株からシュートが伸びてきます。

春から初夏へ

G_studiomimosa春ハナアレンジ

秋の庭仕事から半年以上が経ちました。
寒い季節にたくさんの花を
咲かせてくれたスミレやビオラたち。

一年草だからそろそろ夏の花へ
入れ替えの時期です。

種も実りまだちらほら咲くビオラたちは
切り花にして室内に飾ることに。

ミニ花壇を占領してしまった
シロタエギク
鉢から地植えにしたら大木になっている
ユーカリ、
そしてピンクのマーガレットととも
花瓶にいけました。

4~5月にかけて開花するマーガレットは
多年草。これが咲きだすと春本番!
満開になるにつれ
新緑の季節へと移り変わります。

コロナで外出自粛がつづく日々。
室内に生花があるだけで
気持ちが明るくなる。
花が与えてくれる力は大きい。