Studio Mimosa ミモザパン&教室

ミモザパンのある暮らし
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ● ミモザパン
CATEGORY ≫ ● ミモザパン
       次ページ ≫

かめパン

P_studiomimosaかめさん

夏休みは親子でパンづくり!

7月はミモザキッズレッスンを開催しました。
親子でご一緒に、または
お子様だけで参加することも可能です。

ミモザキッズの親子レッスンでは
動物パンと一緒に大型パンもつくります。

以前紹介した”お魚パン”は
カスタードクリームがたっぷり。

「甘いパンより食事パンがいい」という
リクエストもあったので
親子でつくるパンに”かめパン”を追加
することにしました。

ミートボールを入れてかめの甲羅らしく。
ゆっくりと動き出しそうなかめさん。
皆でちぎっていただきます。

トマトクッペ&フォカッチャ

P_studiomimosaトマトフォカッチャ

トマトの美味しい季節になりました。

日野市在住15年となりますが、
日野市はトマトが有名!
と今年初めて知りました。

それならばトマトをたっぷり使ったパンを
作ってみようと考えたのがこちらのパン。

この時期にもピッタリな
トマトクッペとトマトフォカッチャ!!

どちらも濃厚なトマトジュースを仕込み水に
そして、旨みと栄養が凝縮されたドライトマト
を練りこんでいます。
油脂にはオリーブオイルを使用しました。
噛めばかむほとトマトを味わえる!

フォカッチャはトマトの風味とブラックオリーブ
のハーモニーを楽しめます。

次回は日野産のトマトも取り入れてみたい。

えだまめパン

P_studiomimosa枝豆パン

枝豆といったらビール!?
枝豆もビールも味しい季節になりました。

1粒に豆と野菜の栄養が詰まってる。
今が旬の枝豆は熱湯で茹でたら
アツアツのうちに塩を振っておく。
この塩が枝豆のおいしさを引き立ててくれる。

そんな枝豆をイメージした”えだまめパン”
さやの中には
枝豆がたっぷり入ったまん丸お豆。

見ても食べても楽しめ、栄養たっぷり!
さやはパリッと、豆はふんわり。
食感と風味の違いも楽しめる。
1粒で2つおいしいそんなパンです。

父の日パン

P_studiomimosa父の日パン

今日は父の日。
今回特別に父の日パンレッスンを開催
しました。

お父さんを驚かせたいと
お母さんと参加されたお子さま。
ミモザキッズレッスンで初めての男の子は
小さな手で4種類のパンと大きなお魚パンを
焼き上げました。

キッズレッスンは希望によって手ごねで
生地づくりをすることができます。

手ごねは台の上で叩いたり捏ねたり。
大変だけれど楽しい作業。
他の料理ではなかなか体験できません。
サラサラの粉がイースト、仕込水、さらに
油脂を入れることで変化していく様子も面白い。
手ごねならではの美味しさもあります。

そしてもう一つの楽しみが成型。
「お父さんの顔は四角で、前髪は横に分けて、
眼鏡をかけてるから・・・」と
お父さんを思い浮かべながら作りました。

こちらはY君の作品です。

P_studiomimosa父の日パンY

ラッピングをしてお父さんにプレゼント
するそうです。
お父さんの喜ぶ姿が目に浮かびます!

いちご白パン

P_studiomimoksaいちご白パン

自家製いちごコンポート
いちご白パンをつくりました。

仕込水には真赤な苺のシロップ、
生地には苺のコンポートを練り込んだ
から、よくよく見るとほんのりピンク色!

表面には雌しべの跡である苺のつぶつぶ。
もちろん中にもつぶつぶがいっぱい。

噛むほどに苺の風味を味わえる。
もし苺の酵母を培養して天然酵母パンを
つくったらこんな味になるのでは。
そう思わせる美味しさです。

やさしい甘さの苺のコンポート。
アクセントに1粒のせて焼き上げました。

春につくった苺のコンポートは
季節をこえて楽しめるのがいい。
いちごの白パンは
春の苺をたっぷり味わえます!