FC2ブログ

Studio Mimosa ミモザパン&教室

ミモザパンのある暮らし
2021年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2021年05月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ○ こそだて
CATEGORY ≫ ○ こそだて
       次ページ ≫

高校への扉

M_studiomimosa高校扉

別れと出会いの季節。
あっという間の中学3年間が終わり、
高校へと新たな生活がスタートしました。

こちらは娘が中学3年の技術で描いた作品。
テーマは「高校への扉」。

明るい未来が待っている!
そして、そうあって欲しいと願いたくなる。

卒業式では感銘を受ける言葉があった。

『 行事の少ないかわいそうな1年ではなく
 みんなが制限の多い辛い生活のなかで
 一生懸命頑張った努力の1年。
 見えないものと戦ったこの1年。

 形は見えないけれど
 沢山の大切な人や物ごとに
 支えられた1年でした。

 当たり前に過ごした1年が、こんなにも
 大切だったことに気付かされました。』

コロナ禍での受験も重なり本当に大変だった。
今後もウイズコロナは続くだろうけれど
きっと新たな価値を見出しながら
乗り越えていけるだろうと。

電車通学にも慣れてきて
部活見学が始まったところ。
高校でも吹奏楽部になりそうだ。

作品のように花ひらく明るい未来を信じて
高校生活を楽しんでもらえたら嬉しい。

受験弁当

M_studiomimosa受験弁当

いよいよ受験シーズン到来!

受験の最終日は面接もあり、お弁当持参。

今後の見通しがよいようにレンコンの甘煮。
縁起をかついでお赤飯。
卵料理は娘が好きなオムレツ。

よくここまでがんばった!
後は落ち着いてなるようになるさと
ガンバレエールを込めた受験弁当となる。

手前にあるダルマの付箋と折り鶴は
担任の先生から生徒へのプレゼント。

ダルマの付箋は毎日開く英単語帳に
貼って励みにしていた。

コロナ禍で大変な年に当たったけれど
いろいろな人に支えられて受験を迎えられた。

ありがとう、そしておつかれさまと伝えたい。

笑顔ちゃん

M_studiomimosaエガオ

今年の漢字は”密”!

コロナ禍で3密を避け
今まで当たり前だったことができなくなり、
新たな生活様式を求められる日々となりました。

緊急事態宣言で外出自粛となり
家の中の断捨離をしたとき
捨てられなかったものの一つがこちら。

娘が小学校のころ図工で使った
紙粘土の余りで作ったものらしい。
直径2㎝ほどのちっちゃな人形。

この笑顔に魅かれ、いつも見られるように
食器棚の一角に置くことに。
扉を開けると愛嬌のある笑顔の表情が
ほっこり優しい気持ちにさせてくれる。

気持ちに余裕がないとき
イライラしたとき、
この子を見るとそんな時こそ
笑顔に切り替えたいと思いつつ・・・。

笑顔の習字も娘が書いたもの。

今年は新たな仕事も始まり
笑えなくなるほど大変な時期もあった。
家族に支えられた1年でした。

笑顔ちゃんは
これからも食器棚に置きましょう。
来年は笑顔あふれる年となりますように!

塾弁

M_studiomimosa塾弁

ランチ弁当、遠足弁当に部活弁当。
これまでさまざまなお弁当を作って
きました。

そこに仲間入りするようになってきたのが
熟弁当!

受験生も後半となり夕方から塾へ。

「食べる時間ないからおにぎりでいいよ~」
と言うけれど、体が資本!
おにぎり続きだけれど、
たまにはしっかり食べて栄養とらないとね。

仕事から帰宅したらキッチンへ直行!
今が旬のレンコンを食べさせよう。
フライパンに油とニンニクのみじん切りを入れ
軽く炒めたら豚肉を入れ色が変わったら
レンコンと小松菜を炒め、みりんと醤油を
入れて出来上がり。

梅干しを入れてさっぱりと。
クエン酸で疲労回復にも。

時間がないからボンボンとご飯の上にのせる。
残りは私たちの夕食に。

あと数か月、がんばれ受験生!

娘のお弁当たちから↓
筍弁当 遠足弁当 風鈴弁当
クリスマス弁当 部活サンドイッチ 部活パン弁当
運動会紅葉おにぎり 運動会おにぎらず
運動会お寿司 幼稚園ありがとう
幼稚園節分 幼稚園スマイル 幼稚園スタート

輝きのステージ

M_studiomimosa合唱祭

タブレットから流れる中学生の歌声♪

コロナ禍で吹奏楽部のコンクール、
体育祭、そして修学旅行などが中止となる中、
先月合唱祭が無観客で開催されました。

今年のテーマは
「創り出す輝きのステージ!
拍手の雨と喜びの虹を」

中3の課題曲は「大地讃頌」

~ 母なる大地の ふところに
   我ら人の子の 喜びはある
    大地を愛せよ 大地に生きる ~

iPadから流れる一段と成長した歌声に
生徒たちの歌う姿が思い浮かぶ。
そして、その歌詞に
これまで聴いた歌声が思い出される。

シンプルプラン
雪と花と歌声と
愛しのジリアン

中学の合唱祭

来年春には皆それぞれの進へ一歩踏み出す。
歌声に拍手の雨をふらせられる世の中へ、
皆さんに喜びの虹をかけられますように!!