Studio Mimosa ミモザパン&教室

ミモザパンのある暮らし
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ○ うちごはん
CATEGORY ≫ ○ うちごはん
       次ページ ≫

苺ミルクプリン

U_studiomimosa苺ミルクプリン

自家製とちおとめコンポートでもう1品。
苺白パンの次はミルクプリンとコラボです!

着色料なしの天然のいちご色。
この赤色を見ても食べても楽しみたいと
思いついた苺ミルクプリン。

まずは容器の底にレーズン大にカットした苺を
敷き詰め、牛乳に苺シロップとゼラチンを混ぜて
やさしく静かに流し入れる。
苺シロップを混ぜたのでよく見るとミルクプリン
は白ではなくほんのりピンク色。

冷蔵庫で冷やし固めたら苺シロップを注ぎ
苺のコンポートをのせて出来上がり。

春の苺を見ても食べても楽しめます。

ジャム・とちおとめ

U_studiomomsaとちおとめジャム

栃木に帰省した際、道の駅で
手に入れたとちおとめ。

小粒なのに抜群の甘さ!
1粒が2粒、とまらなくなる。

この美味しさを保存しておきたくて
春につくたのがこちらのいちごジャム。

苺を鍋に入れて砂糖をかける。
しばらくそのまま置いて
レモン汁を入れてコトコト煮ると
苺の色素が染み出て真っ赤な液体が
できてくる。苺シロップだ!

苺の風味が詰まったシロップは
いろいろと使えそう。
そして苺の形も残しておきたいから
煮詰めずにこの辺で火をとめよう。

ということでジャムを作る予定が
コンポートに変更となった。

U_studiomomsa苺ジャム

春につくった苺のコンポートは瓶に入れて
保存。冷蔵庫を開けて目に入ると春を感じて
いたけれど、そろそろ全部活用しよう。
これで苺のパンをつくったら美味しいだろうな。

N_studiomimosaとちおとめ

キャンプ・トマトカレー

P_studiomimosa里山カレー

里山キャンプの料理の一つ。
こちらは特製トマトカレー!

我が家のカレーは具をトマトジュースと
乱切りにしたフレッシュトマトを入れて
煮込みます。
そして、ケチャップも少し入れることも。

リコピンたっぷりのトマトカレー!!

今回は玉ねぎを忘れたので
代わりにズッキーニ。人参、じゃがいも
鶏肉すべて大きくカット。
煮込み料理は作業時間少ない。
カットして具材を入れたら
後はお鍋と時間任せなので助かります。
肉類は冷凍してクーラーボックスへ。
他の材料の保冷効果も高まるので一石二鳥。

ご飯はカレー粉を入れて炊きました。
家でも鍋で炊いていますが
沸騰しらた弱火で約8分!
すぐに炊き上がります。

箸休めに自家製ピクルスを持参。
酢の物なので保存も効いて
1品あると何かと重宝します。

夕食と朝食分。
たっぷりじっくり煮込みました。

キャンプ朝食

P_studiomimosa里山朝食

風薫る5月はキャンプのベストシーズン!

とはいえ朝晩は冷えるので
焚火が体を温めてくれます。

こちらは里山キャンプ2日目の朝食。

パンも炭火で温めると香ばしくなります。
焦げてしまうこともあるので
少し炙るくらいがちょうどいい。

ブロッコリーやインゲンはボイルして
一つのフライパンで卵、ウインナーなどを
焼いたワンプレートおかずにしました。

最終日はお湯を沸かしてインスタントラーメン!

朝日を浴び新緑を眺めながらの
食事はそれだけでごちそうになります。

春のお弁当・筍

U_studiomimosa筍弁当

お弁当に元気を詰めて。

こちらは春の筍づくし弁当!

週明けにいただいた掘り立ての筍が
食卓に並んだ1週間。

作り置きのおかずの筍の煮物などや筍ご飯。
筍がこんなに入るのはこの時期だけです。

仕上げに庭の山椒をパンと叩いて
散らしました。
新緑の香りが食欲をそそります。