Studio Mimosa ミモザパン&教室

ミモザパンのある暮らしを紹介しています。
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ○ うちごはん
CATEGORY ≫ ○ うちごはん
       次ページ ≫

ハニージンジャー

U_studiomomsaショウガハチミツ

生姜は体を温め、
体の調子も整えてくれる。

そんな気がして寒い時期は
生姜を常備しています。

この冬はこちらのハニージンジャーのおかげか
風邪をひかずに過ごすことができました。

生姜を薄くスライスし
天気がよく乾燥した日に天日干しすると
半日ほどでカラカラの乾燥生姜となります。

乾燥生姜、そのままでも使えますが
この乾燥生姜にハチミツとりんご酢を
混ぜたのがハニージンジャー!
お湯割りもよし、煮物に入れてもよし。
ほのかな生姜の風味と効果が
じんわりと効いてきます。

ハチミツの他にも生姜と相性がよく
お互いの効果を高めてくれる黒糖と水を入れて
煮込んでも美味しくいただけます。

春のちらし寿司

U_studiomimosaチラシ寿司

毎年3月につくるちらし寿司。

菜の花をのせて春らしく仕上げた。

お決まりの錦糸卵、レンコンや花形人参に
今年はエビといくらを加えることに。

菜の花の黄色、桜のピンク、そして新芽の緑。
3色揃ったら春うらら。

これだけで十分春らしいけれど
この色合いに濃い色があっらた引き立つはず。

冷蔵庫に椎茸があったのを思い出し
急遽煮込んでのせてみたら
錦糸卵といくらやエビの色がぱっと明るくなった。
作戦大成功!

棚の中で眠っているすし桶も大活躍。
すし桶の木の香りも味わいの一つ。
適度に水分を吸ってくれるのもいい。

今年はもう少し出番を多くしてあげたい。

ハレの日フォンデュ

U_studiomomsaチーズフォンデュ

ハレの日のごちそう!

夫の誕生日があったから週末
「サプライズを企画しよう」という娘の提案で
私は料理、娘はプレゼントを準備。

温野菜がたっぷり。
春らしくスナップエンドウや新じゃがも。
チクワや餅も入れるのが我が家流。

このチーズフォンデュセットは
いただいたカタログギフトから選んだもので
寒い時期にかれこれ10年はつかっている。

時間をかけて一つの鍋を囲めるのがいい。

P_studiomimosaガトーショコラ

こちらは手づくりガトーショコラ。
ハートのいちごがアクセント。

サンドイッチ弁当

M_studiomimosa弁当と箸おき

娘のためのサンドイッチ弁当!

ドタバタの朝でしたが
最後にお弁当ををリュックに詰めて
学校の工場見学へ出かけました。

自分のお弁当は残り物が多いけれど
たまにしかない娘のお弁当だから
好きな物を入れてあげよう。

ツナマヨ、卵にコロッケ。
そしてお楽しみはチョコサンド。
おまけは甘くて美味しいさつまいものフライ。

「これにしよう!」と娘がもってきたのが
自分でつくった折り紙の箸置き。
20枚ほど作り置きしてある。

いつもは常備菜や夕食の残り物が多い
私のお弁当も今日は新鮮なサンドイッチになった。

同じお弁当を違う場所で食べるというのもいい。

節分ご飯

U_studiomimosa節分ご飯

立春をだいぶ過ぎた”節分ご飯”

毎年つくる五目豆とイワシと太巻き。

今年のイワシはさっぱりとおろし煮にしたら
大好評!

大根半分すりおろし水分はお味噌汁に
残りをイワシと軽く煮る。
イワシは弱火でじっくり油焼きしたから
骨も丸ごと食べられる。

五目豆はいつもの煮物に大豆を入れて。
煮豆なら年の数もなんのその。
いっぱい食べてイソフラボンを補える。

太巻きはキュウリや人参で彩りを添えて。

「今年は豆まきはやらなくていいよ!」と娘。
ここ数年は片づけが大変だから
袋に入った豆をそのまま豆まきだったけれど
それもそろそろ卒業らしい。

節分の行事を楽しめるのもあと少しかな。