FC2ブログ

Studio Mimosa ミモザパン&教室

ミモザパンのある暮らし
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ○ うちごはん
CATEGORY ≫ ○ うちごはん
       次ページ ≫

部活弁当・吹部祭

U_studiomimosa部活弁当パン

今月は吹奏楽部祭がありました。

毎週土曜日は部活弁当の日。
ほとんどご飯弁当ですが
吹奏楽部祭ということで
パン弁当となりました。

部活弁当(ご飯)はこちら↓
「クリスマス」「新春」「春色」

コーンパンと黒ごまパン。
黒ごまパンは間にも”胡麻はちみつ”を
塗って噛むほどに黒ごまを味わえる。
セサミンたっぷり!

そして、
ご飯弁当の時にも重宝するのが
カップ入りのミニオムレツ。
卵、ミルクまたは豆乳、チーズ、
ソーセージやミニトマトなど好きな具材を
カップに入れてオーブンまたはトースター
で焼成。この時期であれば前日につくって
冷蔵庫に入れておける。

野菜は蒸しておくとそのままでも
料理の具材としてもすぐに使える。

今日は前日につくったパンとおかずを
詰めるだけとなりました。

吹部祭の直前に左手の薬指を骨折するも
右手は使えるし、ユーフォニアムのソロも
あるからとがんばって参加した娘。

そんな娘にエールを詰めて♪

栗と運動会

N_studiomimosa栗鍋

栗といえば運動会。

実家には私が小学校のころ
何本もの栗の木があり
秋になると栗がよく食卓にあがりました。

そして、家族でたべる運動会のお弁当にも
栗があったのを思い出します。
といっても栗を煮込んだだけのシンプルなもの。
それを割って食べるとこれが美味しい。
旬のものはあれこれ手を加えなくても
素材そのものの良さを味わえる。

そんなことを思いだしながら
栗に切り込みを入れ土鍋でじっくり煮込みました。

N_studiomimosa栗2019

アツアツのうちにカットして
スプーンですくって口の中へ。
う~ん、やっぱり美味しい。
これをパンに生かさない手はない。

ちょうどかぼちゃパンのレシピを考えていたところ。
この栗とかぼちゃ、そして秋のさつまいも。
これで決まり!秋のパンレシピがひらめきました。

栗将軍

N_studiomimosa栗カボチャ2019

甘くてホクホクなかぼちゃといえば
栗将軍!

そのかぼちゃを土鍋で蒸して
半分にカットしたのがこちらです。
蒸すだけで美味しいご馳走になる。
栄養もたっぷり。

種がついたわたの部分は
苦みがあるけれど水と一緒に
煮込んでスープやおみそ汁に。
種は揚げだり煎ってたべてもいい。

くり抜いたかぼちゃは小分けにして冷凍。
これはかぼちゃパンの材料に。

中をくりぬいたところは卵などの液体を入れて
丸ごとかぼちゃプリンやチーズフォンデュに
カットしてほうとう鍋の材料にしてもいい。

かぼちゃが丸ごと1個手に手に入ったら
ぜひ丸ごと活用してみたい。

どんなかぼちゃパンをつくろう・・・。
レシピが頭を駆け巡ります。

うちのぬか漬け

U_studiomimosaぬか漬け夏

最近のうちのぬか漬けたち。

ゴーヤもそろそろ終わりの季節になってきました。
暑い夏にはこのゴーヤの苦みが体に響きます。

これまでゴーヤといったら
チャンプルなどの炒め物がほとんどでしたが、
思い切ってぬか床につけてみると
苦みがそのまま生きて
体がシャキッとしてくる美味しさに。

今回はコロコロ太った丸なすが手に入ったので
野菜室にあった完熟トマトも一緒に
切り込みを入れそのまま丸ごと漬けてみる。
なすを漬けるときには鉄の塊も入れて
色よく仕上げます。

こちらは約1週間たったもの。
パンの発酵のように時が旨みを熟成してくれる。

完熟トマトは皮の周辺に熟成した旨みが凝縮され
中はフレッシュなトマトの味わい。

セロリは一足早く漬けたので、
中までしっかり漬かっているがセロリの風味は残ってる。
私の好きなぬか漬けのひとつ。

私はぬかを洗わずそのままいただくことも。
ぬかの旨みと栄養も味わって。

ゴマだれ冷やし中華

U_studiomimosa冷やし中華

「この夏は冷やし中華を食べなかったね~」
と家族の声。

今季最初で最後の冷やし中華!

いつもの野菜と錦糸卵に、蒸し鶏、エビ
カニカマと海藻をのせることに。

この夏は胡麻が人気だったから
ゴマだれそうめんと同じくゴマだれにしよう!

タンパク質、ビタミン、ミネラルと栄養たっぷり。
夏の疲れを吹き飛ばそう!