FC2ブログ

Studio Mimosa ミモザパン&教室

ミモザパンのある暮らし
2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ○ 日々あれこれ
CATEGORY ≫ ○ 日々あれこれ
       次ページ ≫

お盆とナス

N_studiomimosaお盆土産

栃木の直売所でみつけたなすたち。
(ほおずきは実家の庭から。)

実家に車で帰省した時には
つい帰りに地元の直売所へ寄ってしまう。
その日に収穫した新鮮な野菜などが並んでいるから。

今回は、ぱっと長ナスが目にとまる。
しかも、紫、緑、白の3種類。

ナスの油味噌炒、生姜焼きはわが家の定番料理。
紫色を保つのに鉄を一緒入れてぬか漬けもいい。
素揚げにしてからパスタのトマトソースにからめても・・と
どんな料理にアレンジしようか頭を駆け巡る。

そして、左にあるアスパラガス。
生産者に友人のお母さんの名前が!
嬉しくなってアスパラも籠の中へ。
早速友人に連絡すると
朝3時起床でアスパラ栽培をされているのだとか。
ものを作るということは大変だけれど
その分喜びも大きい。だから続けられるのだろうと。
有難く感謝していただきます。

お盆となると仏壇の掃除。
そして、ナスにトウモロコシの髭でしっぽをつけ
割りばしなどで足を付けて馬にする。
そんな仏さまを迎える準備をしたのを思い出す。

今年は送り盆まではいられなかったけれど
お盆の入りには
お墓に迎えに行き灯火を提灯につけ
家の仏壇にその明かりを移しかえてきた。

久しぶりに皆が集まった。その余韻と
栃木土産ものせて帰路についたお盆だった。

ミモザとお雛さま

N_studiomimosaお雛さま2018

春の花といえば桃や桜の花。
ひな祭りにも飾られます。

でも、私にとっては何といっても
”ミモザ”の花
Studio Mimosa ミモザパン&教室の
由来となった花だから。
娘の誕生日にと義母が届けてくれたのが
ミモザ。初めて知った花でした。
小さな花が集まって光り輝くミモザ。

ありふれた毎日。
思うようにいかない、泣きたいそんな時も
あるけれど、どんな小さなことでもいい
嬉しい、楽しい、美味しい・・・
そんな小さな感動を日々見つけていきたい。
小さな花が集まったミモザのように。

私が初めてパンを作った時の感動は
今でもよく覚えています。
Studio Mimosa ミモザ&教室には
パンづくりって面白い!!
そんな感動、美味しい、楽しいを味わって
いただけたらという想いが込めれれています。

生花店を通りかかると運よくミモザが
目にとまりました。
手に入る期間が短いだけに運が良かった。
ドライフラワーになっても楽しめるのがいい。

今年はミモザとともにお雛さまを飾りました。

ベーカリー in 韓国

N_studiomimosa韓国安国3

N_studiomimosa韓国安国2

夏の韓国。
日本と同様、梅雨のような天気でした。

市場巡りが楽しみの一つでしたが
偶然見つけた小さなパン屋さんの味が
忘れられません。

安国駅を下車して
北村に向かう途中で見つけたパン屋さん。
店内の写真撮影も快諾してくださりました。

どのパンもやさしい味わい。
生地はふんわりもっちり。
上のさつまいもパンは
さつまいもの甘みを生かしている。

下のカレーパンは野菜などの素材を
引き立てるようカレー粉は控えめ。
ほんのりとしたカレー風味。

N_studiomimosa韓国安国1

奥で作業されているのがパン職人さん。
パンを食べると作られた方の人柄がわかる!?
料理でも他のものでも共通するでしょうか。

そのものに対する想い、仕事に対する姿勢などが
感じられるから・・・

もう一度、あのパンを食べてみたい!
そんなパンたちでした。

N_studiomimosa韓国ロッテ

こちらはロッテ百貨店のデパ地下で
見つけたパン屋さん。
ハード系のパンからデニッシュ系まで
品揃えも豊富!

新世界百貨店でも数件のパン屋さんが入り
韓国でもパンの人気は高そうです。

夏まつり

N_studiomimosa夏まつり

夏まつりのワンシーン。
数年ぶりに栃木地元のお祭りへ。

お神輿と山車をそれぞれの地区が担当。
お神輿を担ぐのは地区のお父さん達。
山車を引くのは地区の子ども達。

私もみんなで山車を引いたものです。
休憩所では奉納されたお菓子や飲み物、
そしてこちらの手づくりのご馳走をいただます。

こちらのお赤飯や漬物は農家の方が
栽培した小豆や野菜をつかって料理したもの。
自家製の梅干しなども並びました。
材料から自家製!
このお赤飯が美味しくて娘はおかわり。
暑い夏にはさっぱりした漬物がいい。

N_studiomimosa夏まつりb

お神輿隊の中には同級生も。
あっという間に5年、10年ぶりという方も
沢山いますが、覚えていてくれ話しかけて
くださるのが嬉しい。

八ヶ岳キャンプ

N_studiomimosa八ヶ岳キャンプ木

初めての夏キャンプ。
今回は日野市の保養施設、大成荘にある
キャンプ場となりました。

GWの里山キャンプとは違い
お風呂もある、少し車を走らせると買い物も
できる便利な立地条件がいい。

八ヶ岳とはいえ日中はやはり暑い。
テント張りや荷物運び、
洗い場やトイレまでの往復など
本当によく体を動かす。
キャンプはスポーツといっていいかもしれません。

普段だったら絶対にやらない木登りも。
木登りにはちょうどよい木に
子ども達と登って童心にかえりました。

N_studiomimosa八ヶ岳キャンプ夜

キャンプの醍醐味の一つ。
焚火を囲んで過ごす一時は
慌ただしい毎日を忘れさせてくれます。
火力が落ち着いてきた炭火を眺める
安らいだ時間が好きです。

N_studiomimosa八ヶ岳キャンプ場

立つ鳥跡を濁さず。
大荷物をパズルのように車に詰め込んで
キャンプ場を後にしました。