Studio Mimosa ミモザパン&教室

ミモザパンのある暮らし
2013年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年08月
ARCHIVE ≫ 2013年08月
      

≪ 前月 |  2013年08月  | 翌月 ≫

海の幸

岩井海岸

1年ぶりの千葉・岩井海岸。
潮風に波の音、早朝と日が沈むころの浜辺を歩くと
日常を忘れ開放的な気持ちになれます。

昼間は娘の海水浴につきあい私も海に入り
夕方は袋いっぱいにいろいろな種類の貝殻を見つけました。

岩井海岸2

友人家族も一緒に滞在し、夫の友人が魚料理を披露してくれました。
先月鮎釣りに行った時は魚のさばき方を教わったばかり。
今回もMy包丁であじを三枚におろし、あじのたたきやアジフライ。
いかのわたいためなど。新鮮な魚をいただきました。

「料理をしていると仕事のことも忘れ無心になれる」とか。

その気持ちよくわかります。
毎日の料理なのでいつも無心にはなれないけれど、キッチンに立ち
食事をつくるとことで体調や気持ちを整えているような気がします。

ココアクグロフ

ココアクグロフ

子どもにも人気のココア&チョコが入ったパン!

先日ココアブレッドのレッスンがありました。
このメニューはココアの入った生地とプレーン生地をつかったココアブレッド。
この生地にチョコチップを巻き込んだチョコロールの2種類。

美味しいと喜んでいただけたので
子どもたちの夏休みのおやつにも配合と成形を変えてココアクグロフに。
ココア生地にたっぷりのチョコチップ。

ここで使ったクグロフ型は数ある型のなかでも私のお気に入りの形。
同じパンでも少しおめかししたい時には重宝します。

ショコラ・オランジェ

こちらはおまけです。
同じクグロフ型をつかったケーキ。
チョコとオレンジピールが入っています。
同じ型でもパンとケーキでは味も表情も変わります。

夏のミニ花壇

マリーゴールド

イエロー、オレンジは私にとってビタミンカラー。
今年の夏もミニ花壇のマリーゴールドが元気を与えてくれます。
暑さと乾燥に強く、独特の香りが虫を寄せ付けないのでとても育てやすい花。

バラ5つ

そして、そのすぐ後ろのバラ・カフェラテ。
蕾から満開になるまであっという間ですが、
色と表情の変化が刻刻と変化していきます。

5月のバラの季節から酷暑にもかかわらず次々と花を咲かせています。
こんなに花を咲かせることは珍しく子沢山の年となりました。
こちらは5つ子ちゃん。
今は3つ子ちゃんが咲いています。

バラを育てるのは難しい、そんなイメージがありますが、
厳寒期に膝下あたりまで枝をカットする
花が咲き終わったら肥料を与える
それだけで意外と強く育ってくれます。

足元のマリーゴールドが虫よけとなり一役買っているかもしれません。

ベーコンビッツ

ベーコンビッツ

夏の単発メニュー、ベーコンビッツ!
その名のとおりベーコンの美味しさが詰まったパンです。
生地にはカリカリに炒めたベーコンを油ごと入れました。

ひとつは角切りにしたチーズを巻き込んで
今までにないちょっと変わった成形です。

もうひとつはスティック状にして
仕上発酵後、オリーブオイルと黒コショウをまぶして焼成しました。
お酒のおつまみにもピッタリです。

ミモザ体験メニューにオニオンチーズがありますが、
ここにベーコンをいれても美味しいはず。

同じ生地でもフィリングや形を変えると
いくつもの味を楽しめます。

わかったさんのマドレーヌ

マドレーヌ

小学校では毎週図書の日があり本を2冊借りてきます。

夏休み前には特別に3冊。
選んできたのがまたまた「わかったさんシリーズ」でした。
この本には最後にイラスト付きの丁寧で分かりやすいレシピが付いています。

夏休みのお楽しみに「わかったさんのふんわり甘いマドレーヌ」を作ろう!
ということになり、この本にも出てくる貝の型を準備して
娘にとっては初めてのマドレーヌを作りました。

薄くスライスしたレモンの皮を混ぜて夏らしくさっぱりと。
たくさん作ってプレゼントにもなりました。

わかったさん

ミモザ

2013 03 17 ミモザ

ミモザの苗がわが家に仲間入りしたのが今年の3月。
こちらのミモザアカシアです。あれから約半年。
猛暑にも負けず空に向かって大きく成長しています。

ミモザは娘の誕生日の花、
3月になると義母が毎年届けてくれました。
その日はイタリアでは女性の日でもあり
男性から女性にミモザが贈られるそうです。

金平糖のように小さく黄色い花がたくさん集まったミモザ。
長く寒い冬から生命が息吹く季節を迎えるころ
黄色く輝き周囲を明るくさせてくれます。

Studio Mimosa の由来を問われたことがありますが、
ありふれた日常の中にも嬉しい、楽しい、美味しい、感動
そんなささやかなしあわせに気付きながら心に輝きをもって
暮らしていきたい、そんな想いが込められています。
パンがもたらす楽しさや感動もその中のひとつ。

ミモザ

先日私も誕生日を迎え、9月からは新たな仕事もスタートします。
大変なこともあるけれどささやかな幸せと輝きをもって年を重ねていけたらと
思う誕生日でした。