Studio Mimosa ミモザパン&教室

ミモザパンのある暮らしを紹介しています。
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年04月
ARCHIVE ≫ 2017年04月
      

≪ 前月 |  2017年04月  | 翌月 ≫

おつまみデニッシュ

P_studiomimosaデニッシュアラカルト

ワインやビールのおつまみに。
サックリデニッシュはいかがでしょう。

ウインナーを巻いたデニッシュ。
ハニーナッツをのせたデニッシュ。
黒コショウをきかせたスティックデニッシュ。

サイズもちょこっとつまむのにちょうどいい。
おつまみどころかついパクパク食べてしまう。

バターたっぷりのデニッシュは
それだけでも美味しい。

粉チーズやグラニュー糖をふった
スティックデニッシュもビールにあいそうです。

飛び出た脳

M_studiomimosaくつと文房具

春本番となり生命の息吹を感じます。
そしていよいよ新学期がスタートしました!

「 手は飛び出した脳 」

保護者会であった図工の先生の一言。
これがとても印象的でした。

手を動かすことは脳をかき混ぜること。

スマホにゲームなどデジタルな世の中。
のこぎりを使い釘を打つことが役に立つのか?
と思うけれど、手を使って何かを創るという
アナログな作業が大切だと力説されていました。

こちらは3学期に靴をテーマに娘が描いたもの。
背景が文房具という発想が面白い。

どんどん手を動かしてグングン脳を活性化!!
今年はどんな作品が産まれるか楽しみです。

桜さくら

N_studiomimosa桜吹雪き

はらはらと舞い散る桜の花弁。
満開を過ぎた桜吹雪の頃も風情があります。

雨上がりの今日は
職場の近くにある公園が桜一色となりました。

見上げれば桜の隙間にブルースカイ。
北風にのってはらはらと舞い散る花びら。
公園の隅には桜の絨毯。

N_studiomimosa桜木から

年輪を感じる太い木の部分から咲いた桜。
手まりのようにもみえる桜も。
桜の木に囲まれた小さな空間は
まるで夢の世界でした。

N_studiomimosa桜手毬

いつまでも眺めていたい桜も
来月には新緑へと移り変わります。
そして秋には紅葉し休閑期の冬へ。

1年を経て蘇る束の間の桜を
今年も満喫することができました。

抹茶と小豆ラウンド

P_studiomimosa抹茶ラウンド

抹茶の渋さとほんのり甘い甘納豆。
抹茶と小豆は相性抜群!

私のお気に入りのパンです。

先月紹介したボリュームのある
抹茶と小豆のパン・ド・ミーは
ふんわりパン生地が味わえるのがいい。

今回はラウンド型の抹茶と小豆ラウンド!
形が変わると見た目も食感も変わります。

丸くて可愛らしい、一口サイズ、
おすそ分けにもちょうどいい。
お花見のお供にも。

カットするサイズによっても
味わいが変わります。

桜のメロンパン

P_studiomimosa桜メロンパン

先月は紅麹をつかった”さくらメロン”

今回は桜の花をのせた
”桜のメロンパン”

桜の季節、
メロンパンも桜さくらバージョンに。

いつものクッキー生地には桜の葉を
混ぜ込んで桜風味となっています。

花弁5枚の桜の花。
アイシングでおめかしすると
一気に華やぎます。

ずっと友だち

M_studiomimosaずっと友達

別れと出会いの季節。

娘と同じ地区で仲良くしていた友達が
引越しすることになりました。

こちらはそのお母さんがつくられたもの。
防犯ブザーのカバーは娘のランドセルにかけて
ずっと使っています。

娘より2つ年下のお友達。
ある雨の日、娘と一緒に傘をさしてきた時のこと。

「傘で空を飛んだ気持ちで帰ってきた~!」と友だち
「それってどんな気持ち?」と私が聞くと
かえってきたのが「ふわふわした気持ち~!」

子どもの気持ちは無邪気で純粋だなと
嬉しくて元気をもらったできごとでした。

傘をさすとふとその時のことが蘇ってきます。

「今までありがとう、ずっと友だち」と
別れのメッセージがポストに入っていました。

話しをしたりおどけたり一緒にいると楽しかった。
今までありがとう!!また会いましょう!!