FC2ブログ

Studio Mimosa ミモザパン&教室

ミモザパンのある暮らし
2018年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2019年01月
ARCHIVE ≫ 2019年01月
      

≪ 前月 |  2019年01月  | 翌月 ≫

部活新春弁当

U_studiomimosa部活弁当おせち

私は4日から仕事始め、
娘は5日から部活始めでした。

今年最初の部活弁当は、おせち弁当!

いつものうるち米とささげで作るお赤飯。
煮込んだささげにお米をつける時間が長いほど
綺麗な色に仕上がります。

はんぺんと卵をミキサーにかけて
フライパンで焼く伊達巻。

そして、右端のゆずを丸ごと1こつかった
ゆずのはちみつ漬け!

ゆずをカットして汁も皮も種も
全部はちみつに漬ける。
皮や種の栄養と美味しさが溶け込んでいる。

そのまま食べてもよし。
皮と汁全て入れてゆず茶にしてもよし。
疲れた時に口に入れるとホッとする甘さ。
ゆずジャムとはまた違う味わいです。

今年も元気にがんばろう!
エールと美味しさと香りを詰め込んで♪~♫~♪

笑・創作漢字

M_studiomimosa笑2019

娘が書いた創作漢字。

笑顔の”笑”

入院している私の父を励ましたいと
娘が考えたもの。

元気がでるようにと
夢のある遊園地も描いてくれました。

病になると心身ともにつらい。
なかなか前向きになれない。
不安にもなる。高齢になればなおさらだ。
不平不満、怒りたくもなるけれど
1日1回でも笑顔を増やせるといいなと。

1月3日、父は80歳の誕生日を迎えました。
心配は尽きないものの顔色も良くなり
笑顔も増えてきたのが何よりよかった。

ありがとうと笑顔の数だけ福来る!
父をかこんで「笑」の多い1年にしようと
病院で誓ったお正月でした。

お煮しめ 2019

U_studiomimosaお煮しめ2019

毎年つくるお正月の”お煮しめ”

レンコン、人参は花形にカット。
切り方を変えてハレの日バージョンに。

ハレの日は椎茸を干し椎茸にして
旨みが溶けだした戻し汁もたっぷり使う。
風味がまして美味しい煮物に仕上がるから。

ごぼうは皮を剥き、蒟蒻は切り込みを入れねじる。
根菜類は皮つき、蒟蒻は味が染み込みやすいよう
スプーンでカットするのはいつものやり方。

ハレの日は彩り優先にし、少し薄味に。
レンコンはお酢、砂糖、だし汁で別に煮る。

年末につくりおきしたお煮しめに
南天の実とゆずを飾って完成。

一部はおせちプレートへ、
こちらの重箱はそのまま実家へ。

ハレの日、お正月のお煮しめを重箱に詰めて。
皆さんに沢山の喜びがありますように。

おせちプレート

U_studiomimosaおせち2019

明けましておめでとうございます!

今年のわが家のおせち。

伊達巻を中心にお煮しめ野菜、なます
きんとん、黒豆など。

元旦の午後から実家に出かけるため
1日の朝はお汁粉とおせちプレートが
定番メニューとなっています。

今年は伊達巻を中央に
お煮しめの野菜などを並べました。

毎年ほぼ同じメニューですが
少しアレンジしています。

なますはお酢や砂糖にゆずの搾り汁を
たっぷりと。薄く切ったゆずの皮も混ぜて
ゆず風味のなますとなりました。

栗きんとんは焼き芋きんとんに!

自家製石焼き芋の美味しさを生かそうと
オーブンで焼いたさつま芋を
砂糖、みりん、くちなしの実で煮込んだら、
なんと、栗きんとんの栗のような味わいに。
裏漉しするのをやめてカットしたままに。

U_studiomimosa焼き芋きんとん

いつもの煮物は少しおめかしをして。
いつもの玉子焼きははんぺんを入れて伊達巻に。
いつもの人参酢漬けは大根を入れたなますに。
いつもを少し変化させたささやかなおせち。

今年も健康で笑顔あふれる1年になりますように!