FC2ブログ

Studio Mimosa ミモザパン&教室

ミモザパンのある暮らし
2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ○ うちごはん
CATEGORY ≫ ○ うちごはん

筍の刺身と煮物

U_studiomimosa筍炒め

頂いた掘り立ての筍は
新鮮なのでアク、苦みが少ない。

下処理したその日に味わいたいのが
筍ご飯と甘皮の刺身!
内側から1枚ずつはがして
わさび醤油でいただく。
これが本当に美味しい。

U_studiomimosa筍甘皮2018

下処理した筍は水に浸して冷蔵庫で保存。
しばらく筍料理が続きます。

さっぱりと若竹煮もいいですが
こちらのこってりと豚肉と一緒に炒め煮。
コクがあって胃袋も満足できる。

筍の旬が過ぎると一気に新緑の季節へ。
新芽の息吹を感じます。

今年の筍ごはん

U_studiomimosa筍ご飯2018

毎年いただく掘り立て新鮮な筍。

ガスコンロに大鍋を2つ。
穂先を斜めにカットして切り込みを入れた
筍を水と米ぬかなどと一緒にいれて煮込む。
しばらく煮たらガスを止めてそのまま冷まし、
取り出すまでは時間が美味しさを引き出してれる。
なんだか、パンの発酵のよう。

取り出した筍の皮を剥いていくと
やっと出会える春の筍!

春の苦みのある野菜は冬から春へ
体を目覚めさせてくれますが
グングン上へ伸びる筍は格別。
この筍ご飯を食べると
春の息吹を感じ今年も頑張れそうな
気持ちになります。

我が家の筍ご飯は筍を味わいたいので
とてもシンプル。
だしとコクを出すために油揚げのみじん切り。
そして、筍のみじん切りと飾りの筍だけ。
土鍋で炊くとおこげも味わえるのがいいところ。

今年は収穫時期が早かった。
スーパーにはまだ春の菜の花が並んでいたので
春らしく、緑と黄色の彩りを添えて。

春のちらし寿司

U_sstudiomimosa春ちらし寿司2018

桃の節句、雛祭りの季節につくる
春のちらし寿司!

今年は本当に慌ただしい日々と
なっていますが、
ひな祭りのお祝いにやっぱり
ちらし寿司をつくろうと
スーパーへ出かけました。

さてさて、具材は何にしようと
春のイメージを思い描きながら
菜の花、グリーンピース、桜でんぶ
そして、色のアクセントにマグロも1パック。
醤油やみりんなどに浸してマグロの漬けにしよう。

あとは家にあるもので
蓮根、卵で錦糸卵と干しシイタケを甘く煮て飾ればいい。
そして、冷凍庫にある冷凍庫にあるサラダエビも。
と思っていたのに、エビをすっかり忘れる。
でもいい、これが今年の春のちらし寿司。

久々に寿司桶をだして
料理をしながらも春を感じることができました。

鰯と太巻き

U_studiomimosa鰯恵方巻

立春前の節分!

私が幼少のころは
太巻きなど食べず、豆まきと
魔除けに鰯を家の角に飾った記憶があります。

太巻きを作るようになったのは
娘が幼稚園児のころでしょうか。
それ以来、節分に太巻きと鰯料理を
つくるのが恒例となりました。

鬼のおめんをかぶって
娘に豆を投げつけられたことも
今では懐かしいイベントに。

もう豆まきはいいね~と。
娘は年の数プラス1この豆を口に入れました。
私は食べきれない数なので少量を。

こちらは娘が巻いた太巻き。

海苔とご飯の上に具をのせ
試行錯誤しながらぐるぐる巻き込む。
おまけに自分の好きな納豆太巻きも。
願いを胸に南南東と向いていただきました。

もう一つの鰯料理。
昨年は大根でみぞれ煮でしたが
鰯料理は生姜と梅干しでさっぱりと。
じっくり煮込んだので骨までやわらか。
カルシウムもたっぷり摂取できます。

鰯だけでは物足りないので
野菜室にあったネギ数本を輪切りにし
時間差で鍋に入れました。

明日は立春、季節の変わり目です。
体に気をつけ、福を呼び込み
それぞれの願いを叶えられたらいいですね。

うちの雑煮

U_studiomimosa雑煮2018

こちらは我が家の雑煮。
元旦の朝にいただきました。

雑煮は年末につくりおきした筑前煮が活躍します。

煮物から蓮根、人参、里芋、椎茸などを拝借。
そして、焼いたお餅とかまぼこなど。
ゆずの香りもアクセントに。

普段はめんつゆの出番が多いですが
昆布と鰹節からとっただしはやっぱり美味しい。
仕上げに醤油と塩で調整します。

鶏肉からも旨みので出たこの雑煮の汁は
胃袋をほっこりと満たしてくれます。