FC2ブログ

Studio Mimosa ミモザパン&教室

ミモザパンのある暮らし
2019年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2019年03月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ○ うちごはん
CATEGORY ≫ ○ うちごはん

おせちプレート

U_studiomimosaおせち2019

明けましておめでとうございます!

今年のわが家のおせち。

伊達巻を中心にお煮しめ野菜、なます
きんとん、黒豆など。

元旦の午後から実家に出かけるため
1日の朝はお汁粉とおせちプレートが
定番メニューとなっています。

今年は伊達巻を中央に
お煮しめの野菜などを並べました。

毎年ほぼ同じメニューですが
少しアレンジしています。

なますはお酢や砂糖にゆずの搾り汁を
たっぷりと。薄く切ったゆずの皮も混ぜて
ゆず風味のなますとなりました。

栗きんとんは焼き芋きんとんに!

自家製石焼き芋の美味しさを生かそうと
オーブンで焼いたさつま芋を
砂糖、みりん、くちなしの実で煮込んだら、
なんと、栗きんとんの栗のような味わいに。
裏漉しするのをやめてカットしたままに。

U_studiomimosa焼き芋きんとん

いつもの煮物は少しおめかしをして。
いつもの玉子焼きははんぺんを入れて伊達巻に。
いつもの人参酢漬けは大根を入れたなますに。
いつもを少し変化させたささやかなおせち。

今年も健康で笑顔あふれる1年になりますように!

チキンカレー

U_studiomimosaローストチキンカレー

ローストチキンの展開料理!
チキンがとろけたチキンカレー。

U_studiomimosaローストチキン2018

鶏のももや胸の部分はふっくらと
取りやすいけれど、
骨周りはナイフを駆使しても食べ難い。
かといって、捨ててしまうのはもったいない。

鶏を丸ごと味わおう!
そこで、残った鶏を骨も丸ごと圧力鍋に入れ、
大きくカットした野菜と一緒に煮込んでみる。

強火で加熱、
第2リングにきたら弱火で10分。

たったこれだけで小さな骨までやわらか。
骨に付いていた肉は
スープと一緒に溶け込んだ。

圧力鍋は忙しいときのお助け道具。
短時間で具材を煮込み
美味しさを引き出してくれる。

一つでいくつも楽しめる展開料理。
鶏を丸ごと味わうことがでしました。

部活弁当・クリスマス

U_studiomimosa部活弁当④

クリスマスイヴでも娘は1日部活。

アンサンブルコンテストに向けて
毎日練習に励んでいます。

そんな娘にエールを送ろう。
こちらは、ガンバレの気持ちも詰込んだ
クリスマス弁当!

といっても昨日のクリスマスメニューと
青のり入り玉子焼きを入れたもの。
赤と緑を入れてクリスマスらしく。

中央の黄緑色の野菜が面白い。
スーパーでブロッコリーの隣りに並んでいた
”ロマネスコ”。
一房がとんがり帽子でクリスマスツリーのよう。
これはクリスマスにピッタリ!と
蒸してローストチキンの飾りにも使っています。

クリスマスチキン2018

U_studiomimosaクリスマス2018

家族の予定に合わせ少し早いクリスマス。

今年のクリスマスは3年ぶりに
ローストチキン!!

鶏を自家製塩麹、醤油、みりん、にんにくなどの
タレに一晩漬け込んでじっくり焼き上げました。

玉ねぎ(ペコロス)、じゃがいも、人参、マッシュルーム
も途中から肉汁がしたたるオーブンへ。

今年はいつになく紫の花を沢山さかせた
ローズマリーを飾って完成!

同時進行でフライパンでパエリヤづくり。
今回はカレー粉で色をつけました。

サラダには紫玉ねぎの梅酢漬け。
これはスライスした玉ねぎと梅酢、塩少々
とオリーブオイルを絡めたもの。
ドレッシング代わりにもなり、色鮮やかで
とても重宝します。

綺麗な姿はテーブルに並べて束の間。
ローストチキンにナイフを入れ始めると
あっという間に無残な姿に。

満腹になるも3人では少し余るサイズ。
骨周りは取り切れないお肉がいっぱい。
残ったものは丸ごと生かして
展開料理で楽しむことにしましょう。

うちの焼き芋

U_studiomimosa石焼き芋2

ほっこりホクホクな石焼き芋!

煮るより焼くより蒸すよりも
何よりさつまいも本来の甘さが
ぎゅーっと凝縮している。

その甘みの秘訣はこちらのオーブン。

U_studiomimosai石焼き芋1

フランスパンを焼くときにも使う石の上に
さつまいもを置き
160~180度で焼くこと40~60分。
手をかけなくてもオーブンと時が
さつまいもを美味しくしてくれる。
途中で蒸気注入するのは
”美味しくなあれ”のおまじない。

寒くなる季節は部屋も温まり
お芋の甘い香りが広がります。

品種によってしっとり感は変わりますが
柔らかいものは焼いた食パンに塗り、
ハチミツやメープルシロップをかけて。

固めのものは乱切りにして大学芋に。
これは驚くほど深みのある味に!

細いものは焼いた後に5㎜~1㎝にカットして
天日干しすると乾燥したこの季節は
数日で折れないほどの硬さに。
これはうちのワンこのおやつとして。
栄養もあり硬いのが歯や顎にもいいはず。

他にも意外とアレンジできる焼き芋。
パンの生地に練り込んでも美味しそう。

体も心もほっこりと温まります。