FC2ブログ

Studio Mimosa ミモザパン&教室

ミモザパンのある暮らし
2019年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年05月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ○ うちごはん
CATEGORY ≫ ○ うちごはん

わが家の麹3セット

U_studiomimosa麹3種

わが家の麹3セット!
麹種から熟成させてつくった
甘酒、塩麹としょうゆ麹。

昨年の夏、日野市で
石黒種麹店の副店主のお話を
伺う機会があり、
麹の持つ力に魅かれてしまった私は、
飲む点滴とも言われる甘酒も飲んで
猛暑の夏を乗り切りました。

その後、麹から塩麹やしょうゆ麹も作り
万能調味料として料理に活用しています。

素材の良さを引き出し
旨みやコクも醸し出してくれる
塩麹としょうゆ麹!

ローストチキン鰯の煮物でも使いましたが、
活用法は他にもいろいろ。
いつもの料理が深みのある味に
なるのが不思議です。

鰯のしょうゆ麹煮

U_studiomimosa鰯と菜の花

節分といったら
お豆、恵方巻に鰯!!

太巻きと一緒につくるのが鰯の煮物。

臭みが気になるから
とにかくさっぱりと仕上げたい。

大根のみぞれ煮、しょうがや梅煮など
毎年アレンジしていますが、
今年は自家製しょうゆ麹で旨みをアップ
させました。

まず、昆布、しょうが、梅干し、お酢を入れて
やわらかくなるまで煮込む。
お酢の効果で骨までやわわかくなります。

そして、仕上げに自家製しょうゆ麹の登場!
あまり煮込むと麹の酵素が死滅してしまうから
余熱で煮るくらいでちょうどいい。

しょうゆ麹が鰯の美味しさも引き立て
これまでつくった鰯煮のなかで一番の美味しさ。

菜の花を添えて、
春を感じる節分料理となりました。

節分・太巻き

U_studiomimosa恵方巻2019

節分に恵方巻。

わが家では娘が幼児期のころから
毎年つくるようになりました。

実家では鰯の頭を家の数か所に飾り
豆まきをした記憶しかありませんが
太巻きは春を感じるうちごはんの
一つとなっています。

今年は縁起をかついで7つの芯をいれよう!
太巻きの具は、まぐろ、甘エビ、卵、
きゅうり、人参、大葉にカニカマ。
大葉の香りがアクセントに。

カットする前に願い事を心で唱えて
一口食べる娘。

鰯のしょうゆ麹煮と一緒に召し上がれ。

七草粥・2019

U_studiomimosa七草粥2019a

1月7日は七草粥。

わが家ではこれを摂ると
食の1年がスタートします。

お米とたっぷりの水、
そして、ざく切りにした大根とカブも
たっぷり入れ、土鍋でゆっくり炊き上げる。

市販の七草セットに詰められた
小さくて可愛らしいミニ大根とミニカブは
カットせず丸ごと入れる。
一物全体!根菜類のしっぽまで
丸ごと食べたら元気が出そうだから。

仕上に茹でた七草をちらして出来上がり。

カブと大根には消化酵素が含まれた
アミラーゼがたっぷり。
葉にはβカロチンやビタミンCも含んでいるから
すずな、すずしろさえあればそれでよし!

胃腸にやさしい七草粥。
今年は体の声も聴きながらやっていこう。

部活新春弁当

U_studiomimosa部活弁当おせち

私は4日から仕事始め、
娘は5日から部活始めでした。

今年最初の部活弁当は、おせち弁当!

いつものうるち米とささげで作るお赤飯。
煮込んだささげにお米をつける時間が長いほど
綺麗な色に仕上がります。

はんぺんと卵をミキサーにかけて
フライパンで焼く伊達巻。

そして、右端のゆずを丸ごと1こつかった
ゆずのはちみつ漬け!

ゆずをカットして汁も皮も種も
全部はちみつに漬ける。
皮や種の栄養と美味しさが溶け込んでいる。

そのまま食べてもよし。
皮と汁全て入れてゆず茶にしてもよし。
疲れた時に口に入れるとホッとする甘さ。
ゆずジャムとはまた違う味わいです。

今年も元気にがんばろう!
エールと美味しさと香りを詰め込んで♪~♫~♪