Studio Mimosa ミモザパン&教室

ミモザパンのある暮らしを紹介しています。
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月

ずっと友だち

M_studiomimosaずっと友達

別れと出会いの季節。

娘と同じ地区で仲良くしていた友達が
引越しすることになりました。

こちらはそのお母さんがつくられたもの。
防犯ブザーのカバーは娘のランドセルにかけて
ずっと使っています。

娘より2つ年下のお友達。
ある雨の日、娘と一緒に傘をさしてきた時のこと。

「傘で空を飛んだ気持ちで帰ってきた~!」と友だち
「それってどんな気持ち?」と私が聞くと
かえってきたのが「ふわふわした気持ち~!」

子どもの気持ちは無邪気で純粋だなと
嬉しくて元気をもらったできごとでした。

傘をさすとふとその時のことが蘇ってきます。

「今までありがとう、ずっと友だち」と
別れのメッセージがポストに入っていました。

話しをしたりおどけたり一緒にいると楽しかった。
今までありがとう!!また会いましょう!!

米粉塩キャラメル

P_studiomimosa塩キャラメル

米粉塩キャラメルパン!

塩キャラメルクリームを
米粉入りのふっくらもちりな生地で
やさしく包んでいます。

キャラメル風味のクリームが大人の味。
カスタードクリームとは一味違う。

キャラメルを作るときに塩を加少々加える。
キャラメルの色は浅め濃いめはお好みで。
小麦粉の代わりに米粉をつかっているから
トロトロな食感。

ふんわり生地だから焼き色もおさえて
やさしい色合いにしました。

草原の鳥

M_studiomimosaステンドグラス

終了式前に娘が授業で作った作品、新聞や
作文などをどっさりと持ち帰ってきました。

知らぬ間にこんなことをしていたのかと
感心させられるものもありました。

その中でも目をひいたのが図工で制作した
ステンドグラス。

娘のテーマは「草原の鳥」

草原は色のテープを押し付けて草らしく
鳥の模様は色が重ならないように工夫
したのだとか。

太陽と青空のもと居心地のよい草原で
羽を休める野鳥の姿は
自然の恵みを謳歌しているかのよう。

なかなかよい出来栄えです。

誕生日ケーキ

M_studiomimosaBDケーキ11

1の数字が並び11歳!
今月は娘の誕生日がありました。

「ケーキは一緒につくる」と娘。
そんなこともあと数年だろうか?と思いつつ
2人でつくったのがこちらのケーキ。

ハートの苺と苺の数字がアクセント。
春になるに連れて花数を増やしている
パンジーを添えて。

M_studiomimosaBDケーキ11

毎年秋に植える冬の花には
娘の好きな黄色を入れています。
私も好きなビタミンカラー。

1歳は特別な誕生日に感じましたが
それから10年、2桁の1からスタートです。
おめでとう!ありがとう!がんばれ!
そんな気持ちを込めて。

抹茶と小豆のパン・ド・ミー

P_studiomimosa抹茶と小豆

春のミモザパンの一つ。
抹茶と小豆のパン・ド・ミー!

今年の春のレッスンメニューの一つです。

パンの中身を味わうパン・ド・ミー。
立春から約1か月、八十八夜までは
まだありますが新茶の季節を先取りして
抹茶を取り入れました。
新芽の緑もイメージしています。

そして、抹茶に合うのが甘納豆。
私の好きな組み合わせ。
そしてとても相性がいい。

見た目は普通の山型パンでも
カットしたら2色にお豆!という楽しみも。

ふんわりふっくらな食感と抹茶の風味を
味わえます。