Studio Mimosa ミモザパン&教室

ミモザパンのある暮らし
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月

キャンプ・パエリヤと高原野菜

U_studiomomsa八ヶ岳キャンプパエリヤ

八ヶ岳キャンプ・2日目の夕食。

手羽先と夏野菜の煮込み料理
と一緒にご飯ものをもう1品。

毎回登場するパエリヤですが
ご飯を炊く要領で意外と簡単につくれる。

玉ねぎのみじん切りとごはんを炒め
魚介類、またはお肉、
彩りのいいカラーピーマンなどををのせて
炊き上げる。
サフランがなくてもカレー粉やコンソメ、
ケチャップなどで代用してもいい。

今回は八ヶ岳のとれたて新鮮な野菜が
安く手に入ったので紫キャベツとパセリを
盛り付けたらちょっと豪華に。

その時にあるもので、
またはその土地のものを取り入れて。
秋にはきのこ類を入れたりと
季節によって具材をかえることもできる。

具材を多くして
おかずもご飯も一緒にできるのが嬉しい。

キャップ・手羽先と夏野菜

U_studiomomsa八ヶ岳キャンプ手羽先コーン②

八ヶ岳キャンプ・2日目の夕食。

夜のとばりか落ちると
あたり一面は暗黒の世界。
ヘッドライトやランタンが頼みの綱となる。
だから夕食や片付けは早めに済ませ、
夜は焚火を囲んでゆっくりしたい。

そこで、夕食の準備は早めに済ませる。
作業時間も少なく、お鍋と時間任せの
煮込み料理がいい。

U_studiomomsa八ヶ岳キャンプ手羽先コーン①

手羽先と夏野菜をコトコト煮込む。
落し蓋がないからトウモロコシの皮で代用。
トウモロコシの髭もその下に置いた。
一物全体!
トウモロコシの旨みと栄養が
たっぷり溶け込んだ煮込み料理。

味付けはカレー粉少々だけど
野菜とお肉からいいだしが出ている。

大目につくって翌日の朝食にもなった。

キャンプ・燻製

U_studiomomsa八ヶ岳キャンプ燻製

八ヶ岳キャンプ1日目の夕食。

いつものことですが
仕事の後出発するため
テントを張り身の回りの準備をすると
夕方近くに。

できれば日が暮れる前には
夕食づくりを済ませたいので
早速夕食作りに取り掛かりました。

自宅でスモークチーズを作ったことはありますが
今回はダッチオーブンで燻製に初挑戦!

ダッチオーブンにスモークチップを敷き詰め
網を置いて好きな具材を並べる。

まずウインナー、チクワやたこ。
時間差で小さなナッツや溶けやすいプロセスチーズを
入れてじっくり燻していく。

U_studiomomsa八ヶ岳キャンプ燻製ピザ

遠くに見える焚火ではまだ火力が強い。
炭火になるには時間がかかりそうだから、
ツーバーナーで火力を調整しながら。

しばらくするとスモークチップに燻された具材
の香ばしい煙が立ち込める。
この煙が出てきたら火を止めて余熱調理。
様子をみて火力してもいい。

入れたばかりのプロセスチーズは
これから時間をかけてスモークチーズに。

こちらのツーバーナーは隣りでもう1品
作ることができるのが便利。

ピザ担当は娘。
ビザシートに好きな具材とチーズをのせて
こんがり焼いてくれました。
ピザは娘の友達におすそ分け。

燻製はお酒のおつまみにもピッタリ。
燻すことで深みのある味に変化します。

八ヶ岳キャンプ

N_studiomimosa八ヶ岳キャンプ木

初めての夏キャンプ。
今回は日野市の保養施設、大成荘にある
キャンプ場となりました。

GWの里山キャンプとは違い
お風呂もある、少し車を走らせると買い物も
できる便利な立地条件がいい。

八ヶ岳とはいえ日中はやはり暑い。
テント張りや荷物運び、
洗い場やトイレまでの往復など
本当によく体を動かす。
キャンプはスポーツといっていいかもしれません。

普段だったら絶対にやらない木登りも。
木登りにはちょうどよい木に
子ども達と登って童心にかえりました。

N_studiomimosa八ヶ岳キャンプ夜

キャンプの醍醐味の一つ。
焚火を囲んで過ごす一時は
慌ただしい毎日を忘れさせてくれます。
火力が落ち着いてきた炭火を眺める
安らいだ時間が好きです。

N_studiomimosa八ヶ岳キャンプ場

立つ鳥跡を濁さず。
大荷物をパズルのように車に詰め込んで
キャンプ場を後にしました。

さなぎ

G_studiomimosaさなぎ

G_studiomimosaさなぎ0

初夏のころ我が家のすずらんに
小さなさなぎを発見しました。

新緑の季節を過ぎると
すずらんのすぐ近くにある私の好きな山椒が
みごとに幼虫に食べ尽されてしまいます。
その犯人でしょうか?

それにしてもこんなところに身を置くとは。
すずらんの葉が風で揺れると
落ちてしまいそう。

コニファーの根本とはいえ
梅雨の時期は雨にも打たれる。
やっぱり落下していたさなぎ。

でも落ちた場所がよかった。
多肉植物のふわふわクッションの上で
こちらの方がむしろ居心地がよいかもしれない。

G_studiomimosaサナギ

幼虫が成長するのは本当に早い。
1週間ほどの間に羽化して成虫になったようです。
アゲハチョウだったのか、何だったのだろう。

小さな庭に生態系の一部を垣間見たようで
山椒が食べられても他の命が育つならそれでいい。
蝶が舞い降りると嬉しくなります。