Studio Mimosa ミモザパン&教室

ミモザパンのある暮らし
2017年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年01月

芋栗あん

P_studiomimosa芋栗

秋につくる”さつまいもあん”。

今年は栗の甘納豆を混ぜて
ダブルの美味しさを詰め込んだ
”芋栗あん”を作りました。

P_studiomimosa芋栗あん

さつまいも本来の甘さを生かしたくて
砂糖やバターは控えめに。
シンプルなさつまいもあんに
アクセントとして栗の甘納豆を
混ぜ込んでいます。

2種類の栗の甘納豆。
剥き栗の方が甘く
渋栗はしっとり甘さ控えめ。

U_studiomomsa運動会2017c

このあんを無造作に丸め、卵黄を縫って
焼いたら栗入りスイートポテトに!

さつまいもあんはパン生地に混ぜても
包んでも美味しい。

心もほっこりな芋栗あんです。

うちのアオジソ

G_studiomimosaアオジソ花2017

9月下旬、
こぼれ種から育ったアオジソに
白い花を上の方まで咲かせているのに
気付きました。

毎年思わぬ所から芽を出すアオジソ。
今年はランタナの間から
すくすく育ちました。

シソの花を天ぷらにしても美味しいけれど
このまま種を実らせることに。

少し触れただけで
食欲をそそる香りが漂うアオジソ。

G_studiomimosaアオジソ

ほとんど観賞用になっているアオジソも
この夏は冷奴の薬味として活躍しました。

虫に食べられているのもご愛嬌。
土のせいか品種のせいなのか
苦味が強いうちのアオジソ。

こぼれた種から来年も芽が出たら
もっと活用してみたい。

かぼちゃケーキ

P_studiomimosaかぼちゃケーキ

かぼちゃパングラタンでつかった
ビックサイズの「くり将軍」。

そのかぼちゃを全部使い尽くそう!
ということで残った部分をつかって
焼いたのがこちらの”かぼちゃケーキ”

種がついた中綿に栄養がありそうと
ザルで中綿をこしたかぼちゃエキスと
かぼちゃの一部をつかっています。

いつものバナナケーキをアレンジしました。
卵、三温糖、米油、バナナエキス、
そして少々のミルク、蒸したかぼちゃ。
思ったよりキレイな色に仕上がりました。

砂糖は控えめにしたから
ちゃんとかぼちゃの甘味も生きている。
むしたかぼちゃを散りばめたから
かぼちゃそのものも味わえる。

色よし、味よし、風味よし!!

残りのかぼちゃエキスでもう1品。
水、コンソメと豆乳を加えたかぼちゃスープ。
これで、くり将軍丸ごと1個を味わい尽くしました。

かぼちゃパングラタン

U_studiomimosaかぼちゃグラタンa

くり将軍!!
ホクホクしていて栗のように甘い。
直径20センチはあるビックサイズ。
だからこの名が付いたのでしょうか。

そんな栗将軍が手に入ったので
そっくりそのまま料理することに。

よくあるかぼちゃグラタン!
まずは大鍋にかぼちゃを入れて蒸し
蓋となる上部をカット。
中綿をくりぬいたら
グラタンを流し入れ、チーズをのせて
オーブンでこんがりと焼き上げました。

それにしても、さすが栗将軍!
坊っちゃんかぼちゃとは容積が桁違い。
かぼちゃの器にグラタンを入れたら
足りなくて急きょ、少しとろみを増して、
カットしたパンを混ぜることに。

思わぬ大きさが新たな味を創り出しました。

U_studiomimosaかぼちゃグラタンb

栗将軍の蓋を開けると”パングラタン”
おもてなしの1品にもなりそうです。

実りの秋

G_studiomimosaキバナコスモス種

ほんの小さな庭が
一番の賑わいを見せてくれるのが秋。
霜が降りるまでのこの季節です。

G_studiomimosaランタナ秋2017

こぼれ種から育った花々が
沢山の花を咲かせ、それぞれの種を
実らせています。

キバナコスモスはツンツン尖った種。
秋になり色濃くなったランタナはまん丸の黒い種。

どちらも花から種へと移ろう姿がとてもキレイ。
まさに自然のアート!

そして、この2つの花には蝶もよく舞い降ります。
蜜を吸うのに夢中で私が近くにいてもご覧の通り。

夏は淡いピンクだったランタナの花は
晩秋になるにつれオレンジや赤へ。
まるで花が紅葉しているかのよう。

G_studiomimosaヒメツルソバ

こちらはピンクの花が可愛らしいヒメツルソバ。
10年以上前、実家から一握り持ち帰り
軒先に放置していたら
いつの間にか繁殖してグランドカバーに。

秋に花を咲かせ、霜が降りる季節まで
ピンクの絨毯となってくれます。

三者三様好きな場所に芽を出し
元気に育っている花たち。

今年は秋雨がながかったので
この日は貴重な晴れの1日でした。

庭の手入れをするのは、
ほんの隙間時間となりますが、
植物の成長に発見があったり
手でふれることで
体や心の癒しにもなっています。
私のささやかな楽しみの一つです。