Studio Mimosa ミモザパン&教室

ミモザパンのある暮らし
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月

運動会弁当

U_studiomomsa運動会2017

小学校最後の運動会弁当!
頑張っての気持ちも詰めて。

いつもの煮物と野菜の肉巻き。
鶏のつくねとコロコロポテト。
野菜で彩りを添えました。

U_studiomomsa運動会2017b

好評だったのがこちらのおにぎり。
秋の炊き込みご飯
栗と黒米ご飯。
紅葉の人参と栗がアクセント。
側面を海苔で巻き食べやすいように一工夫。

そして栗の甘露煮をいれたスイートポテト。
栗は渋栗と剥いた栗の2種類。
砂糖は入れずさつまいもと栗の甘露煮だけの甘さ。
だから、とてもやさしい味わいです。

技の演技

20170930運動会

小学校最後の運動会。

2学期がスタートすると同時に
朝や放課後も練習を重ねてきました。

6年生の演技
一期一会~未来につなぐ輝く和~

ブリッジ、逆立ち、ウェーブ
クイックピラミッド、100人ピラミッド
メトロノーム、組体操・・・
いくつもの技を披露。

一人一人の頑張りが伝わり
胸が熱くなりました。

つい数年前までは
大玉転がしや玉入れをしていたのに
堂々と演技をし、最高学年として
運動会の運営を手伝う姿は
とても頼もしかった。

思えばこの校庭で初めて走ったのは
未就学児の時。運動会での
ゴールまでヨーイドンでした。
あれから6年、
体も心も大きく成長したものです。

いちじくロール

P_studiomimosaキヌアいちじく

無花果のおいしい季節になりました。

ドライいちじくは年中ありますが
フレッシュな無花果を味わえるのは
今だけです。

カットした断面がとても綺麗!
それもそのはず、果実の中に
白い花を無数に咲かせるのだから。

花の無い果物と書きますが
隠れたところに咲いている。
不思議な果物です。

そんな無花果をイメージしたいちじくロール。
いちじくの形をしたパンの中には
カットしたドライいちじくが入っています。

仕上にプチプチしたキヌアを付けて焼成。
栄養もたっぷり。
無花果にみえるでしょうか?

以前、無花果を使ったパンは
こちら➡いちじくパンでも紹介しています。
無花果の花が綺麗です。

ラップサンド

P_studiomimosaピタパン

断面が彩り鮮やかなラップサンド!

いつものパンとちょっと違う。
サンドする具材が主役です。

薄く伸ばした生地で
色とりどりの具材をやさしく包みます。

黄色いパプリカが入ったラップサンドには
照り焼きポーク、人参のマリネと青シソ。

紫キャベツが入ったラップサンドには
鶏のささみで作ったバジルチキンとレタス。

パン生地はイーストの代わりに
ベーキングパウダー、油はショートニング。
手で擦り合わせるように混ぜていき、
薄く均一に伸ばしフライパンで焼き上げます。

今回は歯ごたえのある野菜と肉の組み合わせ
ですが、食感や彩りなど
いろいろとアレンジして楽しめそうです。

韓国人形・ピコ

M_studiomimosaピコ1

韓紙でつくった韓国人形。

安国駅を下車すると
芸術と文化を感じるエリアが広がります。

韓国の伝統家屋「韓屋」が点在する
北村韓屋村を歩いていると
韓国の伝統工芸を体験できる場所を発見!

予定を変更して
娘が韓国人形づくりを体験することに。

まずは女の子に着させるベストやスカート、
靴になる韓紙選びから。
次に選んだ韓紙に皺を寄せ、スカートには
ギャザーを付けていく。
そして、既に作られていた女の子に着させ、
襟やベストは仕上の作業。
最後に髪飾りやブローチをつくり完成です!

ふと思い浮かんだ名前は「ピコちゃん」
その後、「昌徳宮」も一緒に巡りました。

M_studiomimosaピコ4

木の温もりを感じる「韓屋」は
板の間ですが、なぜか癒されます。

一緒に体験したのは現地の女の子。
娘と同い年。言葉が通じたらもっと
聴きたいこと話したいことがあったのに。

他の作品とともに娘のピコちゃんも
仲間入りさせてもらいました。

M_studiomimosaピコ2

カフェで一休みしていると
画家の方がいらして、近くのアトリエを
案内してくださる。
移動中の地下鉄では現地のおばあちゃんが
わざわざ席が空いていると娘に声をかけて
くださる。

そんな嬉しいこと、偶然見つけたパン屋、
工房、お店などの出逢いが心に残る旅と
なりました。